FC2ブログ

チャン・パンダの旅日記?

ど?も。

わたくし、
チャンさん

『チャン・パンダぱんださんと申します。←チビちゃん命名。
2008年11月。嵐さんLIVE@上海に参戦したおばちゃんに、
浦東空港の免税店でお買い上げされました。
この度、こちらのお宅のチビちゃんに、
「この子は、旅のレギュラーさんっheart02
っと?、はるばるシンガポールまで連れていかれました(笑)。

それでは、チャンさんと綴る旅の日記。

新幹線に乗り?の。
新幹線

成田エクスプレスに乗り?の。
NEX

12月24日。成田空港からシンガポールエアラインにて出国。
飛行機
わ?い!2階建てのエアバスですよ。
この飛行機に乗りたいがために、
便名指定のツアーに申し込んだという。

エコノミーでも豪華っす!座席が全然窮屈じゃないの。
モニター
立派なモニターついてるし。←普通?

ゲームはやり放題だし。
テトリス

機内食も美味しいし。
機内食

CAさんは、おそろしく別嬪さん揃いだし。←過去最高レベル!
あ?。ここで早くも女として生きていく自信を失ったあたくし

行きの飛行機では、乗った途端にテトリスをやりまくり、
CAさんに気の毒そうな目で見られ、
(どうしようもない親子連れ
ご飯を食べたらソッコーアマルフィを観始めたおじさん&おばさん。
そして、ほぼ同時にひっくりがえったという…。

チャンギ国際空港に到着。
な。なんと巨大&新しく綺麗な空港
クリスマスの飾りが、こんなに大きいんですけどっ!
空港
          チビ&母

この後も、とにかくこの国の豊かさに圧倒される旅でありました…

お泊りは、コンラッド@シンガポール。
コンラッドホテル

お部屋にはお約束のコンラッドベアーとアヒルちゃんがおりました。
コンラッドベアーあひる
(しかし、3体ともクリスマス仕様…普通のも欲しかった)

ウェルカムにはクリスマスケーキのサービス!
ケーキ

さすがに立派なホテルでしたね。えぇ。

朝食のバイキングでは、美味しいオレンジジュースで始まり。
テーブル毎に、コーヒーのサーバーが置かれるおもてなしっぷり。
ワッフル

焼きたてワッフルに感激しているあたくしの目の前で…。

味噌汁

げっ。チビが味噌汁飲んでるよ。
どうもいかん。お前は、何をしに来たんじゃ


ロビーでは、これまたお約束の、
『コンラッドベアー・クリスマスツリー』がっ

ツリー
         ※チビと言いつつ、実はもはやチビではない。
…。
……。
………。
やるっきゃないでしょ。
うちのチャンさんも、混ぜてあげるしかないでしょ(笑)。

チャンさんは、どこにいるんでしょ?かっ

ツリー2
       はい。ここですよ(笑)。

って、旅の最中に、何度となくこればっかりやってたんですけど。
いや。これがまた大ウケで
写真を撮っている困った日本人(あたくし)を見て、
爆笑していくお客様多数←ホントですってば!
外国の方は、ユーモアがあってよろしいわぁ。
チャンさんの記念撮影は、どこに行ってもバカうけで、
あたくし、俄然やる気満々でしたからね(笑)。

続く?。



03:02 | 旅行 | comments (0) | edit | page top↑

我が家のおつや。

シフォンケーキ、焼いたどぉ?!

バナナシフォン
はい。バナナシフォン。
死にかけたバナナをお助けしました。
案の定、秒殺で完食
こうやって、なんちゃってケーキばっかり作ってます。

おやつ命の我が家。
晩御飯を食べた途端、
『今日のおつやは??』←クレヨンしんちゃんバージョン。
ってな感じです。

もちろん、あたくしのお菓子作りは、
贅沢出来ない家計簿事情の産物でもありますけど。
あたくし、お家メードケーキが大好きなんです。
だって。
作ってるあたくしが言うのもなんなんですが。
美味しいんだも?ん
いや(笑)決してや?らしい話じゃなく。
ホントになんちゃって作品なんですけど。
素朴な味なんですよね?材料が簡単だから。
難しいレシピは見ない事にしてるし。←やっぱりものぐさ

生クリーム大さじ2とか書いてあるのは、
ことごとく無視します。(たまにはクリープポーションで代用)
一応、お菓子の本を買い漁って熟読しましたので、
どうしてこうなるのかなっ?
って理屈だけは押さえてあります。はい。←言い訳。
子供がお友達の家に遊びに行く時などは、
前の晩にパウンドケーキを焼いて持たせてやったりするんですが、
(実はお土産を買いに行くのが面倒なだけ)、
結構、ウケはいいです
こんな姑息な手段で、
いいお母さんのフリも出来ます(笑)。

なによりも。
家の野郎どもが、マッハ食いしてるんだから、
そこそこ美味しいんだと思いますよ。多分。
1ホール、1回で完食です。
嬉しいんだか、トホホなんだか(笑)

23:34 | その他 | comments (0) | edit | page top↑

お誕生日。

遅ればせながら。
翔さん。
パンパカパ?ン
お誕生日おめでとうございます
実はあたくしも。
先日、誕生日がございまして

ふふっ。あたくしと翔さんは、同じ干支ざます?
ってことは。
翔さん72歳の時、あたくしは84歳なわけで。
う?ん。お似合いだ←はいっ
イケるよ。こんだけご長寿にもなれば、
付き合っても許される気がする。
巡り逢えるその日まで。
あたくし。ヲタク稼業に心血注ぎます

まぁ、翔さんのパないご活躍ときたら。
ビューティホ?なギャランドゥ。
アイドルクォリティ全開のキラキラ半ケツ。

半ケツにおいては…まぁ前にも見てましたけど(笑)by黄色い涙。
まさに言葉通り、最も輝いている男子っス。
パないっス

随分前の話ですが。
TimeコンFINALでご一緒した、大ちゃん担当のお友達。
『近くのMJより、遠くの自担!』
という、宇宙の法則を言い放った彼女(笑)。
目の前のMJさんをことごとく無視して、
遠くのキャプテンを呼び続けるツワモノ。
『あ。ちなみに。
翔さんの前でも、智さんLOVEモードは譲らないわよ。
大丈夫だってば!
翔さんは、絶対に解ってくれてるよ!
だって…翔さんは…。
すごくいい人だから
…とのこと。
あたくし、思わず笑っちゃったわよ。←in打ち上げ。
これ、すごく分かる気がしません?
翔さんの懐の深さを見事に言い当てた
ナイスなエピソードだなぁ?ってね。←そうか

てな感じでですね?。
ご長寿クイズで戦えるその日まで
長生きしましょうね。翔さん

01:29 | 櫻井氏 | comments (0) | edit | page top↑

ギャランドゥ。

翔さん。
ギャランドゥが…とぅるっとぅるキラキラ(笑)。
え・えぇえええ??
ちょっと!こんなんだったかしら?
翔さんのギャランドゥheart02?←知るかいな。

はい。
朝イチの本屋で、
『事件か?』
っていうくらい山積みになったananの、
1番上は無視して2冊目からをわしっ!と掴み。

『同じ商品、3点でお間違いないですかぁっ?』
っと、男かと思ったら女だったお姉ちゃんに大声で言われ。
とんだ恥ずかしめに遭ったあたくしですorz
ふっ。些細な出来事よ。
長い人生の中じゃ、ほんの一瞬だわよ。
まさしくヲタクの登竜門だわ?お

『まさか買ったよね?見?せ?てぇ?heart02!』
っと、職場のお姉さま方にはおもいがけず大人気!
3冊も買ったとは、まさか言えない(笑)
注)通常閲覧&ラミネートして下敷き用&永久保存版。
お姉さま方の反応は、
『…半ケツ?
『…これも半ケツ?
『…なんで白パン?』
『いっそ脱がんか?い怒!』
まさかの大盛況(笑)
そこか?い!
パンツ周辺だけか?い怒
いや。他の男子の特集もありましたでしょ?
ヨン先輩の仮面ライダー実写版?腹筋とか、
アスリート様の現役バリバリ・ナイスバディ!とか、
そっちでも大盛況だったもんで。

結果。
『やっぱアイドルはアイドルよねぇ…
っと、割と簡単に締め括られ。
おまけに、まるであたくしが
学校にエロ本持ち込んだ高校生みたいになっちゃって、
なんでか軽く変態扱いされて終わっただけでした(笑)

でも。あの。
あんなにツルツルのギャランドゥって、あり
あたくしの知っている霊長類ホモサピエンス男子関係は、
み?んな、普通にギャランドゥでしたけど?←意味不明。
だって。
息子のヘソ毛にうんざりしている母ですものぱんだ 泣く
翔さんの美しいお姿に、
『やっぱ、あたくしは人間じゃないのかもしんない。』
って、リアルに自信を失いかけましたガーン

な?んかね。
素直にいいもん見させてもらったなって。
ヘンな絡みも無いし、うっとり&ときめきキラましたも?ん。
寿命が延びたっていうの?
生きててよかったなって、心底思いました。
願わくば。
写真集が出たらもっといいなとか、妄想したりもして(笑)。

悔しいけれど、オマエに夢中なわけで。
拝啓。翔さん。
やっぱり、あなたほど、
半ケツが似合うアイドルはいない(笑)。

00:05 | 櫻井氏 | comments (0) | edit | page top↑

悲しい時。

センター試験が終わったばかりの、昨日の夜遅く。

長男のお友達が、突然我が家にやってきて。
連絡も無く、学生服のまま、本当に突然やってきて。

子供達は、外でしばらく話をしていて、
息子は茫然とした顔で戻ってきました。
手にあったのは、白い花束。
高校の先生が、今朝亡くなったと。

明日の朝、一緒に学校に行こう。
それまで花束を預かって欲しいと、
お友達は塾の帰りに花屋を何件も回り、
寒い中、自転車で、
学校に近い我が家を訪ねて来たそうです。

彼は塾で、偶然その訃報を聞いたらしく。
(学校では子供達に伝えなかったそうです)

突然の訃報に、
メールさえ思いつかなかったくらい、
いっぱいいっぱいだったんでしょうに。
どうしていいのかわかんなくて、
誰にも相談しないで、
とにかく先生に花を買わなきゃ!
明日の朝、学校に持って行かなきゃ!
って…。
夜の10時過ぎですよ?
こんな田舎で、どこの花屋さんが開いていたのか?
ひどく寒い夜道を、ひたすら我が家を目指して、
彼はどんな想いで、自転車を漕いで来たのか?
おばさん。胸が張り裂けそうでした。

先に連絡くれればよかったのに。
メールのひとつも貰えたのなら、
こんな頼りないおばさんだって、
あんた達の力になってやれたのに。

つい先日までお世話になっていた先生に、
もう二度と会えなくなってしまった息子は、
まるで人が変わったように勉強し始め。
何かを、ものすごく後悔し、
もう恩返しの出来ない自分を責めているようで。
先生。
やっと息子が本気で勉強を始めても、
母は、ただただ悲しいです。
どんなにバカでもよかったんです。
せめて受験が終わるまで、
先生には息子のそばにいて欲しかったんです。
親子揃って、バカと言われてしまうでしょうが。
こんなに悲しい応援って、あんまりですよ。先生。

本当にお世話になりました。
決して成績は良くなかったけど、
先生のお陰で、物理が大好きな子になり。
一生忘れられない思い出(事件ですが…)が沢山あり。
御礼も言えぬまま、さよならしてしまう親子を、
どうか許してください。

先生。
これからも息子を見守っていてくださいね。
本当に、本当に。
ありがとうございました。


01:51 | 息子ネタ | comments (0) | edit | page top↑