スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

チャン・パンダの旅日記?

いつまでも終わらない旅日記ですが。
覚書みたいなものなので、どうぞ勘弁してくださいまし

最終日。
出発前にホテルのラウンジでアフタヌーンティー
チビはコーラを飲みました!(笑)←相変わらずのマイペース
これこれ。やっぱ、3段重ねでしょう!
三段
あぁ?。チャンさんが見切れてるっ!

休日だったので、バイキングと聞いていたんですが、
ちゃんと3段重ねもついてましたよ。きゃあ。素敵

時間があったので、マーライオンパークで暇つぶし。
…すっごい人!しかもインド人率がめちゃ高い!
ここでもやりますよ。うちのチャンさんは!
チャンさん&マーライオン
愛の逆再生ナイスキャッチ
ふふふ。これ、鉄板でしょう(笑)。

もちろんチビもやります。
チビ&マーライオン
うひゃ?!我ながらナイスショットです!←かなり腕を上げました。

ってこれも写真撮ってたら、
後ろにはうちのデジカメ覗いて爆笑してる外国人さんがいた
こんなに笑われてばかりでどうしましょう?我が家
というか。
それだけ平和なんですよね。ここは。

最後にもう1回。
チャンさんはどこにいるでしょ?かっ
チャンさん再び
ダブルクリックで拡大しますよ
最後の最後まで、しつこくこればっかりやってました(笑)。←B型。
ヒント無しでどうぞ


そしてさよなら。シンガポール。
深夜のチャンギ国際空港です。
空港のチャンさん
チャンさん。搭乗口前ロビーでグダってます(笑)。

「それ、機内持ち込みっすか?マジっすか?」
ってなくらいの大荷物な外国人の大家族さんでいっぱいでした。
(インド系の人がやっぱり多いんですね、ここは。)
年末なので、皆さんお里(ってどこ?)にご移動なんでしょうね

帰りの機内では。
またしてもテトリスに没頭し。
『陰陽師』なんて観ちゃったくらいにして。
深夜便でしたからね?。
2回も観たくせに、さっぱり記憶が無い(笑)←でも面白かった!(と思う)

乗って間もなく、パニーニとドリンクの軽食が出て。
うとうとしたかと思っていたら、
まだ早朝4時台だというのに、
『お食事の時間でございますっ
っと叩き起こされ(笑)。
『違うだろ?まだ深夜だろっ!』
ってツッコミする気力も無く

爆睡
頭に地割れ(矢印)の出来るほど、がっつり爆睡していたチビを叩き起こし、
ほぼ意識不明のままシャケご飯定食を食べさせました。

シャケご飯
基本、出された物は絶対に食べる習性がある一家。(根っからの貧乏性
美味かったです。深夜のシャケ定食。

そういえば。
機内では、こんなおもちゃ?(キーホルダー)も頂きました。
謎のキャラクター
往復で2個。しっかり貰ったという…。
なんかなんか、可愛くないですか?←何者かは不明。
こういう時だけは、チビをお子様モード全開でアピールします
なんという、ちゃっかり一家(笑)。

もうすぐ帰国だよ?ん
最終回に続く!←まだ続くのか?


16:09 | 旅行 | comments (0) | edit | page top↑

お母ちゃんの旅日記(番外編)

チャンさんは、ちょこっとお休み。
番外編。
お母ちゃんの旅日記

とにかくシンガポールは。
美しい国。整った大都会って感想です。
ホテルから
ホテルのお部屋から見た景色。

前回の上海ツアーにて、相当くじけてきたあたくしには、
信じられないような美しい場所でしたよ
スキがないっていうのかなぁ?。
どこまで行っても綺麗なんですよね、街全体が。
アジアには、こんな豊かな国があったんだと、
自分の無知さ加減を大いに反省いたしました

途中、チビが少し具合を悪くしまして
現地のクリニックにお世話になったんですが、
(保険に入っててよかった!6万円もかかったそうな)
これまた素晴らしい設備のクリニックで。
日本じゃ考えられないような余裕のスペース。
お世話になった皆様は、とても良い方ばかりで、
経済的な豊かさは、社会の秩序を整え、
心のゆとりに直結するんだなと実感しました。

うちの父ちゃんも、
「…こんなに発展した都市だったとは。」
って、ずっと呟いておりましたしね。
ここなら暮らせるような気がする←動物園もあるし(笑)。
むむむ。とてもためになる旅行でした。

そして。
なんと金持ちの多いこと
どっから来てるんですか?あなた様方は
ってな位、
金持ってんぞぉ?
って一目でわかる、アジア系の皆様がうじゃ?!
ブランドショップは、
そういったお客様でごったがえし。

高島屋の、某LVショップで、
バーゲン状態に巻き込まれたあたくし

日を改めて、ラッフルズホテルのLVでリベンジ
こちらは混雑していなかったんですが、
やはり例の金持ちさんが、
「あれ出せ!これ出せ!」
っとやりたい放題(笑)。
地味?に選んでいたあたくし(注:テキトーな格好の中年女)についてくれた、
これまた、超・別嬪さんの店員さんは、
金持ちさんの暴挙に疲れていたらしく
なんか、涙が出るくらい優しくしてくれました

お高いものなど買えない小市民(あたくし)の、
ホントに些細な買い物に、
とっても丁寧に付き合ってくれて。
免税の手続きまで、懇切丁寧に教えてくれました。
支払いが終わって、ショップを出てからも、
品物を持ったままホテルのロビーまで一緒に歩いてきてくれて。
ため息の出るような美しい笑顔で、お見送りしてくれましたよ
小市民でよかった(笑)。
日本人でよかった?

あたくしのバッグと、長男のお財布(留守番のお駄賃)を買いましたが、
バッグ
親子でダミエがマイブーム。別にお揃いにしたかった訳ではない

ん?。安かったのかな?
ショップで払って?。空港で税金還付されて?。
結果。いくらだったんだ???
ま、いいや。←常にどんぶり勘定(笑)。
お値段よりも、店員さんの優しさが嬉しかったです。(そんなオチ?)

あたくし…今回の旅行で、何が一番ヘコたれたか?って。
英語が通じない
全然聞き取れないんですよ。早口で。
これまで、何回か海外には行ってますけど、
困ったことは無かったんです。これでも!
ヒアリングはまぁまぁ出来ますからね。←詰め込み教育世代の賜物
言われている意味は理解出来るから、
ゆっくりでもお返事出来てたんですけれど…。
今回ばかりはお手上げでした。
ポカ?ンだもん(笑)。完全にアウェイでした。
後から知りましたが、ここは独特の言い回しやら、
とにかく早口だっていうのが定番らしく。
だからと言って、
ほんじゃ?これから英語でも勉強すっか?
って気にも全然ならない、誠に残念な人ですけどね。
ははは

以上。お母ちゃんの旅日記でした!
02:04 | 旅行 | comments (0) | edit | page top↑

チャン・パンダの旅日記?

シンガポール動物園。見参
動物園

ホテルからタクシーで、片道1000円位で到着。
意外と簡単に、自力で行けました
こちらも素晴らしい動物園でしたよ。
って、動物園ツアーに行ったようなものですが(チャンさん連れて)。

あのですね。
規模がハンパないです。充実度MAX!
とにかく、メジャーな動物勢ぞろいに、テンション上がりまくりです。
そしてこちらも素晴らしい設備
トラムに乗れば、楽々回れます。
動物園トラム

あちこちで餌付けやショーが沢山開催されてるし。
ポーラーベアー
ポーラーベアーのショー。
でっかい北極グマが、水槽の中で大はしゃぎ

そして熱帯の植物の色合いが、なんて美しいこと!
花
美しい森?の中を散策している感じです。(でもちゃんと舗装されてます)
こんな景色もみられるんですよ。
景色
向こうの川を、船で移動して周ることも出来ます。

ここは、あたくしの動物園のイメージを、完全に覆しました。
日本人には全然出会わなくて、
ヨーロッパ系やインド系の人が多かったと思います。
世界的な観光名所なんだなぁ?って実感。

幻のホワイトタイガー発見
タイガー
ホワイトタイガー
イトホワのガータイ。
はいキタ!ど?ん(笑)!
チャンさんもびっくり!
チャンさんもびっくり

チャンさんに、更なるピンチがっ
あぁあああ?!ヘビがっ!
ヘビ
きゃあ?!食われるぅ?!←こんなことばっか(笑)。

…。すみません。とんだ恥さらしで

お口直しに、ほのぼの映像
キリン
チャンさんとキリンの、なんかいい感じのコラボ

仕上げは、またしてもふざけた写真(笑)。

なんか、不思議なオブジェ?に遭遇。
チビが乗ると、こうなる。
チビバージョン

チャンさんが乗ると…。
チャンさんバージョン
こうなるのだ(笑)。

そして、ここでのMYお土産は…。
ひょう柄
ひょう柄でしょう
ズバリひょう柄のエコバッグ&ポーチですよ!
おばさん、この時は40歳目前でしたからね
そろそろひょう柄デビューに備えなきゃ!って、
張り切って買いましたYO!
…まだ勇気がなくて、使えてませんけどね

ここは必ず、もう1回来たいわぁ
超・おすすめです。シンガポール動物園!

動物三昧ツアーは、これにて終了です。
ご清聴、ありがとうございました

01:44 | 旅行 | comments (0) | edit | page top↑

チャン・パンダの旅日記?

そしてチャンさんは、動物三昧コースへ!
って、チャンさん。

あなたも動物ですよね

夜はナイトサファリですよ?。
ナイトサファリ
父ちゃん。遂にデビュー
しがない中間管理職ですよ、えぇ

あの。
動物園だから…とイメージしていたものとは全く違って、
綺麗に整備された、見事な観光地です
道はしっかり舗装されてるし、レストランも清潔で立派。

ここでチビが、
あれ、やりた?い
っと騒ぎ出したのが。魚に足を食われるヤツ(笑)。
ドクターフィッシュっていうんですか?
水槽に足を入れて食われるの。
家族3人、並んでやりましたとも。えぇ。←軽く人寄せパンダ効果。
食われた
ある意味、羞恥プレイの要素も

何故かおじさんの足にだけ、魚が異様に寄ってくるという、
思った通りの展開(笑)。
「…どんだけ毒が溜まってるんだか
っと、おばさんに嫌味を言われたことは特記すべきでしょう。

夕暮れ時には、
ショー
こんな布地面積の小さなお兄さんのショーも行われ。
こちらの人達は、肌の色がやや茶色なんですね。
何とも言えない艶かしさがあります…。
ちょっとドキドキしました(笑)。

チャンさん。
トラムに乗って出発ですよ?
トラム
まぁ、暗くてあんまり見えないっちゃ?見えないんだけど。
(写真は撮りようがない。)

ラッキーにも、すごく近くまで寄ってきた動物もあり。
バクちゃんなんて、手が届きそうなくらい近かった。
これはカワユス
丸々としていて、くっきりはっきりツートンカラー!
バク
(参考資料。マレーバクでございます。)

そして、一番感動したのが…。
サイ。サイざんす。←くだらんダジャレ
サイ
(これまた参考資料。インドサイざんす。)
デカ?い。ものすごくデカ?い。
まるで鎧(よろい)でもつけているかのようなサイが、
月明かりに照らされて神々しく佇んでいる姿には、
一家揃って、本気で言葉を失いましたね
人間なんてねぇ…ちっぽけな存在ですよ。はい。
ここで、つい出た言葉が、
「…イモトってさ、すごいよね。」
でした(笑)。

それよりなにより、
トレッキングコースとかいって、
徒歩で散策している人のその後の人生が気になって仕方なかった。
ひぇ?!勇気あり過ぎです。
(でも1回はやってみたい!)
一見の価値ありです!ナイトサファリ!

とりあえずここまで。
動物三昧コースは、まだ続く…。

00:50 | 旅行 | comments (0) | edit | page top↑

チャン・パンダの旅日記?

ど?も。
改めまして、チャンでございます…。

そんなこんなでわたくし、旅に出た訳ですけども。
旅の最中は、お父ちゃんのバッグに忍び込み。
ことあるごとに、
お母ちゃんから、
「父ちゃんっ
 ここでさっさとチャンさん出す
 ボヤっとしな?い!」
っと、突然の出動要請をされ。
慌てて飛び出し&ソッコー格納という、
まぁ過酷な旅でもございました

セントーサ島に行き?の。
マーさん
これが巨大なマーライオンタワー。
ホントに開いた口が塞がらないくらいに、意味わかんなくデカい。

水族館行き?の。
これは?
 これ?何っ?テンション上がりまくり!
 水族館マニアには、たまらん逸品でした。


アシカのショーを観?の。
ショー

名物チキンライスを食べ、
チキンライス

激甘デザートで血糖値が急上昇。
デザート
(とにかくこの国では、甘いものは徹底的に甘い

ダックツアーなるもので、川に入り。
(水陸両用の、軍事車両だったらしい。
 道路を走ってたかと思ったら、いきなり川にボチャ?ン!)
ダックツアー
英語オンリーのガイドに、全くもっての異邦人。
あ??なんですかぁ??みたいな(笑)。

シンガポールフライヤーという巨大観覧車で、全景を一望。
フライヤーフライヤー2
チャンさんの向こうに、シンガポールの景色が見えます。
ちょっと暗いのは、スコール直前だったため。
30分くらいかけて、ガイド用トランシーバー(日本語有り)片手に、
シンガポールの全景を満喫しました。
1つの箱?に、20人位入るんですよ。
ガラスにへばりついて見ていたものの、
途中で疲れてしまい、
最後はチビとう○こ座りしてグダってました…

ここは都会じゃ
信じられないくらいの大都会でしたよ。

また続く?

23:19 | 旅行 | comments (0) | edit | page top↑