スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

プーさん再来。

あららら!
大野プーさん、カムバックなのねぱんだもびっくり
そうきたか!そうなのか!
意外っちゃ意外。でも、思った通りでもあるか…?

前作『転生薫風(テンセイクンプー)』観に行きました!
よくチケット当たりましたよ…しかも第一希望の土曜日で。
電話確認した時は、鳥肌モノでしたもん。
席もかなり良かったですよ!13列目くらいだったかな?
うちのチビちゃんと、職場の後輩と新幹線でお出かけし、
韓国ライブ仲間の可愛いお友達とは劇場で待ち合わせ。
青山劇場は素敵でしたね?。
椅子の座り心地は快適でしたし、新しくて綺麗だもん!

舞台を観るのは初めてだったんですが、
なるほどね?こういう風に作ってるんだと、
演出の妙技に関心し、とても面白かった!
大野さんは、やっぱり体が小さいなとかも思い(笑)
あの頃、すっごく華奢でしたからね。
でも、動きがすごく良くて、さすがキャプテン!
運動神経の良さに圧倒された、2時間あまりでしたね。
役者としても、ピカンチのハルしか知らなかった私には、
素直に心打たれるものがあり…(涙)
本気なんだわ。智さん。
あなた、やっぱり一流の仕事人なんだわ!って、
男前な智さんに、また惚れ直した舞台でした

ただねぇ…。どうしても気になったのが、
お茶の間ルック(それ、パジャマ?)のお客様(笑)
あのね?。舞台を観に来てるんだから、
もう少しお洒落してきましょうよ!
舞台はあくまでも芸術鑑賞な訳だから、ドレスコードも大切!
これ、マナーというものじゃないのかしら???
しかも、明らかに嵐ファンなんだもんなぁ?(泣)
がっかりしちゃうわね、ホント。
智さんに見られる事も想定して、再考の余地あり

そして脚本がね。これも明らかに嵐ファン向けで。
そんなサービスは、本当は要らないんですよ。
セリフに「キャプテーン!」なんて入っているんだもん。
一般のお客様(実際にいるのかさえ疑わしいが)に、
大野智という役者がどんなに素晴らしいか!
お遊び抜きで分かって頂きたいのよね。
だから次こそは、芸術としてフツーの作品であって欲しい。
これだけはホント、お願いしますね。

さ?て。チケット取れるかな?
すごい競争率なんだろうなぁ…トホホjumee☆faceA150

01:36 | 大野氏 | edit | page top↑