スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

電影通信。

先日、レスリー・チャン様を思い出したら…。
なんか、思い出がこみ上げてきちゃうんですの(涙)
かなりの情熱をもって、香港映画を観てましたからね。

香港には結構通いましたよ?。
あちらにお友達がいましてね。
それがかなりのお金持ちだったもんで。
お宿&観光&お食事を担当してくださいました(笑)
(私は飛行機代とお土産代のみ)
そんなこんなで、映画にも興味を持ったんでしたよ。

最初は『恋する惑星』。
金城武君。眉が立派な好青年でした(笑)
ウォン・カーウァイ監督には独特の手法があって…
とにかく、1回観ただけじゃ?全く理解不能という
そして観る度に、どんどん発見があって、さらに困難という…。
音楽もすごく凝っていて、楽しいのなんのって!
贅沢の極みでしたね、彼(監督)の映画は。
彼の映画をきっかけに、新たに聴き始めたジャンルは、
少なくないですよ。ありがとうです!
ピアソラ&タンゴなんては、
南米か?』ってツッコミ入る位聴きましたから(笑)

そうそう。『恋する惑星』ですが。
これ、香港映画ブームの火付け役ですよね?
(自分がハマったから言うわけじゃないが)
なんだか、香港人の勢いっていうのか、
もう、他人なんか構っちゃいられないぜ!的な、
わっかりやすい人間関係を描いてますね。
あの、他人を気にしない気質がいいんですよ。
その中で起きている、不思議な人の繋がりが、
恋する惑星』だったと思うんですが?
(違いますかね?)
そして、何で日本のお題が『恋する惑星』なんだ?
重慶森林』じゃなかったか?(ウロ覚え)
安いホテル?だかマンションだかの名前からきたんじゃ…?
もう、何でもありの香港だから(笑)
あんなエピソードがあっても、全然おかしくないし。
いろんな人種が出てくるし。
トニー・レオンはここからブレイクですか?
今だに相変わらずの男前&色気ですよね。
クレイジーな、フェイ・ウォンちゃんも出てくるし。
それがとってもキュートに映っちゃうんだもん!
これね、香港映画におちない訳がないですよ。

最近はあまり観ていないんですが…。
と言いますか。レスリー様の亡き後は、
私がエネルギーまで失ってしまったというのが正しい。
あれ以降、何かいい映画は出ているんでしょうか?

とりあえず思い出話で、しばらく書きたいと思います。
あんなに好きだったんだもん!
形に残してやる???

ちよっとジャンル違いですが、
参考までに是非。
読んで損はさせませんから(笑)!?
これであなたも、香港映画が観たくな?る観たくな?る…。
10:21 | CINEMA | edit | page top↑