スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

天城越え

遅ればせながら。
しばらく前に入手した『天城越え』のDVDを、
本日やっと観ました。
もうね、購入枚数>>>鑑賞時間確保の状態で、
全然追いつかないんですカエルさん(落ち込む)
ひどい時には、amazonの箱に入ったまま放置…。
完全に目的を見失っている訳で。

それはさておき。
感想などを。

う?ん。う?ん。
これは買うべきだったのか?
ハリウッドスター☆Kazunari Ninomiya☆の
「若き日のにのちゃん」のお宝映像としての価値はある。
だが。しかし…。
いろんなところで、突っ込まずにはいられませんことよ。

忘れたころに「?づら!」の方言がいきなり飛び出し、
何度もギョッとさせられた。
柳沢慎吾ちゃんは、まさかの「あばよ!」を見事に決めて
去っていくし…゜▽゜ガビーン
濡れ場の場面に突然切り替わってみたり。
しかも、全部がにのちゃん(多吉)目線の映像っていうのは、
痛すぎるんじゃなかろうか?
全体的に、映像がかなりクリアで、
天城越えって感じでは…。
もっとドロドロ&暗?いイメージを持っていた私には、
綺麗なセットで撮影した水戸黄門みたいな
(この例えが合っているのか?大丈夫か?)
不思議な違和感のある作品でした。はい。

役者さんは豪華でしたね。
蟹江さん&長塚さんコンビだなんて、最強ですよ。
事件の結末が最初からわかる位の贅沢感ですよ(笑)
寺島しのぶさんも出てたのね。若かったわね?。
肝心のにのちゃんは…
緊張感があるというか、もう限界まで振りきれてる感じ。
相当一生懸命だったんだろうなって思いました。
もう1回観ることは…
ありっちゃ?…なしかな?
次が沢山控えてますんでね…jumee☆Feel Depressed4



01:02 | 二宮氏 | edit | page top↑