スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

うちの二宮?【硫黄島からの手紙:導入編】

パ?パ?パパパ? パパパ?パ?パパ?…♪
このメロディを、一体何度聴いたことか。
いよいよきましたよ。
硫黄島からの手紙
うちの二宮、HOLLYWOODデビューキラでございます(T_T)

まず、嵐のとっかかりがARASHICなわたくしは…。
坊主頭の、にのちゃんグッズに、軽い衝撃を受け(笑)
ジャニーズ…恐るべし!っと思った訳ですよ。
だって、硫黄島で参戦?していた事など、よく知らなかったし。
(ちなみにコンでは、明るい茶髪の可愛いにのちゃんでした!)

硫黄島からの手紙。
この映画、全体像があまりメディアに流れなくて、完全に、
『観なきゃ?わかんない』映画になってましたね。
まぁ驚いたのが、東京国際映画祭での、
あまりにもかわゆい、世界のKazunari Ninomiya』でしょう!!!
あれは本物のスターの余裕でしたね。
オーラも全開で!
和子さん。我が子の晴れ姿に、さぞ感無量でしたでしょうに(T_T)
日本が世界に誇る、立派な俳優さんでしたもんね(涙)

人間…ちゃんとした場面でちゃんと出来るか?っていうのが、
1番その人の器が分かるという…。
きちんとした格好で、あれほどサマになるんだから、
やっぱりにのちゃんは、そんじょそこらのお兄ちゃんとは、
格が違うんですよ!
(え?当たり前でした???)

真剣な眼差しで、会見を立派に務め上げ。
アイドルである事を忘れさせるような貫禄さえ醸し出し…。
なんだかにのちゃん、このまま遠い人になっちゃうのかなぁ?なんて、
ちょっと心配になったりもし…。

しかし。とある番組では、加瀬君とのインタビューに、
『何故、クリント監督に選ばれたか?』
の質問には、
『やっぱり自分はジャニーズだから…
 顔でしょうね
と、軽く受け流し(笑)
どこまで本気なんだか?
全く掴みどころのない、うちのにのちゃんでした。

あの頃は、最強のかわいこちゃんで。
その姿、今もくっきりと、目に焼き付いておりまする。
ごちそうさまでございました!!!
そんなこんなで、同じ様なインタビューばかりを山ほど見ましたが(笑)
あんまり内容はよくわかんないまま、
わたくしは仕事を休んで、映画を観にいきましたとさ。

続きは次のエントリーで!!!
21:52 | 二宮氏 | edit | page top↑