スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

キラキラ翔さん。

今年、最も輝いた男キラ。それは翔さん
たとえバク転ができなくとも。
高い所が苦手でも

『翔くんは、バク転できなかったよねぇ??』
っと無邪気に言うチビに、
『そんな事はどうでもいいんだ。
 翔くんは凄い人なんだよ。
 こんなに立派な人は他にはいないんだよっ怒

っと真剣に諭す、うちの兄ちゃん。←まるでヲタク。
高校男子の目から見ても、翔さんは素晴らしい人なのだ。
(つい最近、慶應経済学部の難易度を知り、愕然としたらしいのだが…。)

今年はとにかく嵐さんYEARで
祭りだらけの1年でしたね。
赤白(あかしろ)歌合戦にも出ちゃう訳ですし。
そんな事態を、実は淡々と眺めている自分がおりますが。

というのは。
元々あたくし、何につけてもあまり盛り上がらない女でしてね。
節目?とかイベント?とか、なるべくスルーして生きてます。
年中行事でも、せいぜい子供の誕生日くらいしか気にかけてません。
これでおしまい!って場合は別ですけれども、
この先、まだまだ続くことについては、なるべく大人しくしてます。
あまり祭りを大きくしちゃうと、後始末が大変だからさ。
例えて言うなら。
準決勝でまさかの大逆転勝利!わ?い!バンザ?イ
っつって、まるで優勝したかのように盛り上がると、
決勝では『あらら汗?』ってなることがあるでしょう?
本番を前にして、とっくに燃え尽きちゃってるパターン。
思いがけない事態に浮き足立つと、足元掬われるんです。
だ?か?ら。
10周年が国民的行事になっていった今年は、
結構遠い目で眺めていたんですな。
来年からはどうすんの?
世界ツアーでもやらないと、もう納まりつかなくね?
って…まるでいぢわる婆さんですけど(笑)。

大変なのは、この祭りの後で。
世間様の注目度もかなりアップしてますし、
ヲタク生活は、もはやヲタクとは呼ばれない位に市民権を持ち
根暗なヲタ生活を満喫してたあたくし的には、
寂しい限りなんですけどね…。←問題はそこ?
芸能人は、歯が命!
あ。間違えた。そこではなく。
芸能人は、芸がなくちゃ!
っていう要求度が、これからますます上がる訳ですから。
『アイドルなのに、意外とやるじゃん!』
から、
『出来て当たり前よねぇ?。』
って見方になっていくんですよね。注目されるってことは。
これからが、本当の正念場になるでしょうから、
嵐さんには、是非とも期待に応えていただきたい!
世の中をギャフンと言わせていただきたい!

そういう強い心で応援していきますともheart02

正直に言ってしまえば。
こんなにメジャーになってくれるとはぱんだ 泣く
ジャニヲタだと後ろ指を差されても、
痛くも痒くもなかったのに?。
それどころか、DOOR TO DOORのにのちゃんとか、
ほれみろ?!うちの二宮はすごいんだぞぉ?
って…胸を張って自慢出来る作品が世に出た時の誇らしさときたら!
ヲタでいることの満足感だけで、ご飯食べていけてたんですけどね。
プチ自慢が出来る喜ばしさが、あたくしの生き甲斐でしたね。
露出度が上がると、それだけ引き出しを多くしなきゃならなくて、
更にクオリティも上げていかなきゃならない。
認められ続けるって、ホントに大変なことだから。
とにかく祈りましょうって気持ちでいます。

そんな中で、やっぱり救いとなっているのは。
嵐さん自身が、この状況を冷静に捉えていて。
リーダーの、常に変わらない姿勢には以前から恐れ入ってますが(笑)。
これから鍵となるのは、翔さんの底力なんじゃないか?って、
あたくしは翔さんに、とても期待してます
これほどまでに、明確なビジョンと冷静な判断力を持つ人は、そうそういませんよ。
にのちゃんの、どフラットな目線があたくしの萌えポイントではありますが、
対外的にはほとんど語らないし(そこが男前なんだけどね)、
それよりなにより、
余計なことは語らず、高い評価の作品を残してきてますから
これからも、にのちゃんには変わらない。
だから、何も語らなくてもいいんですよ。
今後、外に向けて、嵐さんの方向性を発信してくれるのは、
翔さんであってほしい。

だって、だって。
とにかく立派な人なんだも?ん。(雑なまとめ方ですなぁ)
キラッキラにテカッて輝いていますからキラ
よっ!大統領←はぁ?

23:58 | ARASHI | comments (0) | edit | page top↑
最後の約束。 | top | マイガール。

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する