FC2ブログ

鉄則。

いよいよ。東京ドーム!
あたくしは…。
幽体離脱で参戦する予定だけど。何か?

東京ドーム参戦予定のお友達から連絡が来ました?
彼女は国立競技場に入れなかったので。
感慨ひとしおのメールでしたよ。
嵐も10周年だけど…私も10周年!
(いやいや、あなたはJr.時代からでしょ。)
 今年は辛いことばかりだったけど、
 自分もここまでよく頑張ったぱんだ 泣く!って…
 嵐と一緒に、自分のお祝いをして来ます
…泣かせるじゃないですか(涙)!
にのちゃんと同い年の女子よ?
おばさん、握り飯でも持たせてドームに送り出してあげたい(笑)。
これぞ美しき10周年キラ
彼女の言葉で、ほんわかした気持ちになれました。

あたくしにとっての10周年YEARは…。
封印したい記憶となっており。
東京ドームが終われば、完全に記憶を削除する予定にしてました。

遡ること、国立競技場参戦。
弱っていたあたくしを、励まし続けてくれたお友達2人組。
(前にもちょこっと書きましたね。3年前の韓国LIVE以来のお友達。)
元々約束もしてなかったし、全然通り道でもないのに、
2人であたくしを心配しててくれたらしく
当日になって、
『一緒に国立競技場まで行こう!迎えに行くから待ってて!』
って…わざわざホテルまで、迎えに来てくれました。
んで、秘密の近道なんかも教えてくれたりもし?(笑)。
ゲートでお別れするまで、ずっとチビ(息子)を笑わせてくれてました。

その時、お友達に言われた格言?は。
『絶対に他の人と組んではダメ怒。』
…はにゃ?。さようでござんすか。
大概はこれで失敗する←経験者は語るシリーズだって。
ヲタ活動は、身の丈に合った自分の力だけで勝負するもんなんだって。

そのお友達は、いつも2人でどこまでも遠征。
なんと去年の台湾LIVEは自力組だという…。
まるで夫婦(めおと)チックなお姉様方ですが。
別な人達と組んで、調整に失敗したことあるそうな…。
自分名義で取れたチケットを、ねこそぎ持っていかれたとか。
『いざとなると、ひどい泥沼だから。
 私達は2人っきりで行動することに決めたの。
 欲張れないけど、裏切りも無いし諦めもつく。
 お互いしかいない!って信じきれるもん!』
っと、ヲタ活動の鉄則を伝授して貰いました。

今年は、行ける&行けないの結果よりも、
決着つくまでの過程で、心底疲れ果ててしまった。
行けないなら行けないで、それは仕方ないんですよ。えぇ。
だから東京ドームは、かなり早い段階から諦めてて(笑)、
ソッコー海外旅行に振り替えたも?ん←しかし経費は膨大に汗
最後の最後まで、耳を疑うような知らせが来たりして、
なんだかもう、どうでもよくなってます。今年に限っては。
自分がバカだったんだって、本気でそう思ってますから。

一般的に。
悪い話って、先に弱ったもん勝ちの法則があって。
事のいきさつはスルーで、弱った側にもう一方が謝るって構図なのよね。
だからあたくしは、そういう時はなるべく気丈にしてるつもりですが。
だって大事なのは、解決法(もしくは諦め方)を見つけることだもん。
弱ってる場合じゃないだろう?んじゃどうすんの?って話です。
でもそうしていると、何を言ってもどんどんこちらが悪い人になり。
泣きたいのはこっちの方なんだけどな。
あなたが私に同じ事を言われたら、どう思いますか?

って部分が、双方向で完全に一致しない人とは、
どんなに言葉を尽くしても無駄なんです。
そうやってあたくしは、どんどん友達を失っていきます。

でもね。
今年の出来事は、もう全部忘れることにしましたから。
ホテルまで迎えに来てくれたお友達の、ありがたい格言を胸に秘め。
いざ参戦のお友達には、幽体離脱で握り飯を渡し。←無理だろう…。

『みんなが知り合った、3年前の韓国LIVEを思い出せば、
 私達はいつまでも一緒に頑張っていけるよねheart02!』
って、みんな揃いも揃って、今もあのミラクルな出来事にしがみ付き(笑)。
(ちなみに1人は、にのちゃんボールをゲットして帰国。)
そういった、ややお気の毒系ではありますが(アタタ)、
頑張っていく所存にござりまする。
そんなお友達に恵まれたあたくしは幸せ者です。えぇ。本当に。
巡り逢わせてくれた嵐さん。ありがとう。
来年こそ、地味?に頑張りまっす。
23:04 | ARASHI | comments (0) | edit | page top↑
VS嵐。 | top | プレミアムなクロック。

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する