スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

国立DVD?

長男が、やっとウィーン旅行に向けて出かけました。
ヤツは2回目なので…まぁ心配ないっちゃ?ないんですが。
やれ、靴下とかパンツとか買って来て!だの(しかもイイ感じのヤツねheart02とか)、
荷物を詰め始めてみたらスーツケースが小さいだのってorz←急いで新調。
全てギリギリに言うもんだから…母ちゃん、結構忙しかったのよ。
あ?あ。母ちゃんもウィーンに行きたかったなぁぱんだ 泣く
(息子にも「一緒に来ればいいじゃん?」って言われたのにさ。)
…年度末でなければ怒
異動に備えて遠慮したら…ちぇっ。残留だし。
しかも、異動の内示の瞬間って、WBC決勝10回裏の2アウトの最中で。
「ちょ・ちょっと!今、超・忙しいんだから、名前呼ばれたら無視しよっ!」
って…内示の発表より、ヤホーの野球速報に夢中だし(笑)。
でも。
今年は嵐さんYEARだからさ(笑)。
自分の都合で休み放題の職場に残留ってことで。
こうなったら、全ステコンプリートでも狙います!←はぁ?

さて。とりあえずは嵐さんヲタ業務の報告など
いっぱいあり過ぎて困っちゃうんだけど、とにかく、
国立DVDの、ARASHI’S FIGHTが先決でしょう!
…って、メイキングの部分しか、まだちゃんと見れてないんですけどね
これって、結構特殊なDVDだと思いましたよ。
国立競技場のLIVEに参戦出来なかった方には、
あまりピンと来ないDVDなんじゃないかしら?
ハコありきっていうか、国立がいかに広かったか?っていうのが、
参戦された皆様の、1番の思い出だったんじゃないかと。
あたくしは、聖火台近くの天井席だったから、
もう、嵐さんは、フツ?に豆粒大でしたからね(笑)。
ドームの比じゃなかったですもん。ははは。

それでも、すごく印象に残るコンサートになったのは、
あの夜景キラ。←詳細は昨年9月のエントリーで。
もう言葉じゃ表現出来ない程の絶景で、
大ちゃんが影を作って遊んでいたライティングとか、
メインステージの向こう側に見える都心の明かりとか、
あたくしがすごく印象に残っているそんな風景を、
嵐さんも同じ様に感じていたんだなぁ?って分かったことが、
何よりも嬉しかったメイキングでしたねぱんだ 泣く
映像で見るのと実際に見るのとでは、やっぱり違う。
あの日あの場所(天井)に、自分も存在していたんだなって思うと、
すごく感慨深いものがありますね。
だからこそ、今年はコンプリートを狙いたいと思うんですが(笑)。

その場に居りゃいいのか?っていう浅ましい気持ちではなくてね。
この目で見てみなくちゃわかんない感動があるんだよ!っていうのを、
10万人分の1の、ちっぽけな存在のあたくしでも感じられた、
そんな歴史に残る国立競技場だったなと、今もって思う次第です。
(そしてその後の上海では、また別な現実に直面したという汗。)

メイキングでは、もっともっと感想が沢山あるんですが。
詳細はもう一度じっくり見てから語ることにして、
1番印象に残っているのは大ちゃんの言葉。
「どこでやったって変わらない。お客さんが喜んでくれれば。」
的な話に…この人は、やっぱり嵐のリーダーだわってね。
人って、大きなステージに立つと、気持ちも大きくなっちゃいがちだけど、
大ちゃんは絶対に変わらない。
変わらないどころか、どんどん謙虚になっていく(笑)。
こういう気持ちでいてくれる大ちゃんがいるから、
嵐さんはこれからも絶対に大丈夫だろうって思えるのよね。
なんかね。すごく感激しましたね。大ちゃん。ありがとう

またそのうち、続きを書きま?す。
とりあえずはここまで。
あぁあああ?。
やっぱり母ちゃんもウィーンに行きたかったよぉ(涙)。
01:30 | ARASHI | comments (0) | edit | page top↑
国立DVD? | top | 翔さん祭りじゃ。

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する