スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

少クラ☆プレミアム?。

それでは、続き。

嵐さんの、10年間(10年目?)の軌跡を振り返るトークでしたが。
大枠は、ヲタク必携キラの『アラシゴト』などで学んでおりましたので。
エピソード的には知っていたものが多かったんですが、
先にも書いた通り、本人の口から聞けるというのは貴重ですね。
リアル感が増すんでしょうかね。妄想?→現実へみたいな。
嵐がデビューする直前の、周りがどんどん動いてしまって…とか、
文字だけじゃ汲み取れなかった、その時の流れを感じます。
今になって話せば、笑い話にも出来るでしょうけど、
16や17歳の子供にとって、どれ程戸惑う出来事だったのか?
しかも、後ろ向きな3人を含む(笑)。
そこを通過したこの人達(嵐さん)はやっぱりすごい。
あなどれないな?(当たり前か)と、再認識した訳ですよ。

トークの内容は、皆さんご覧になったでしょうが。
そういう話をね。どんな言葉で伝えるのか?
見ている人が、最後には楽しかったと感じるような話をするのが、
TVの場合のお仕事だと思うんですね。
雑誌のインタビューとは違うんですよ。発信する手段が。
だから、ちょっと不真面目を装いながら、でも真剣さが伝わるような、
敢えて笑いに持っていくにのちゃんが、やっぱり好きなんです

苦労の度合いとか、思いの強さとか…これって、比べられないものだから。
というか、その人個人のモノサシが基準ですからね。測れないですよ。
すごく努力したと言ってしまえば、その人にとってはそうなんだろうし。
でもあたくしは、言ったもん勝ちだとは思いません。
例えば。
櫻井&松本組の熱いトークを、残りの3人が拝聴してたとか
それが情熱の差だとは思わないもん。
ほとんど話さない大野さんが、口を開けば物凄く冷静だったりさ(笑)。
相葉さんが、実験番組の反響をとっても大事に受け止めていたりぱんだ 泣く
そんな風に、思いはそれぞれが抱えているものですから。
自分からは語らないのも、それはそれで誠実なんですよ。
決して驕らず。多くは語らず。
でも結果は出すぞ!っていう姿勢が、嵐さんの1番の強みだと思ってます。

もうちょっと、感想がありまして。
続きは…ココロの広い方だけお読みください。

言っちゃいけないことみたいですが。
あたくし、やっぱり納得いかない。
嵐さんにとっての重大な出来事が、自分の単独主演ドラマ?

それこそ、人から言われてナンボの話ですよ汗

いろいろ考えてみてたんですけどね?。
どうしてこの人が、こんなにも苦手なのか?っと。
今回は、結構真面目に考えましたよ(笑)。
だって、苦手っていうのもストレスだもん。

で。気が付いた。
この人、あたくしが嫌いな男友達に似てるんだわ。←顔じゃないよ。
以下。昔話です。

ま?お顔は、こちらも相当な美男子でしたけど
高校時代からのお付き合いで。
でも、遂に我慢の限界が来て、最近ご縁を切っちゃった。
何が我慢ならなかったか?って…クドいんだもん、話が怒

音楽の先生をしてる人でね。
昔はいい仲だったんですが。途中から友人になり。
相手は専門家ゆえに…あたくしに説教するの。
あのね。あたくし、タダの人なの。ココ大事なのよ。
だのに、自分が手がけた仕事の感想を聞いてきては、
「なんでわかんないのかなぁ怒
って…説教&俺の熱い情熱を、懇々と語られちゃうわけ
あたくしも正直者?だから、結構素直にダメ出ししたりしててね。
相変わらずの命知らずだったんですけど(笑)。
意見を聞かれたから正直に答えてあげたのに、怒られるという…。
「こんな馬鹿の事は、もう諦めてくださいな。」←最上級のへりくだりのつもり。
ってまで言ったんだけど、ダメ出しも結構貴重な意見だったみたいで、
説教しながらも、あたくしの感想は知りたいと言われ。

要はこの人、あたくしに、
『いつか自分の才能を認めさせたい』的な、そんな夢をみていた模様。

その人は、相当な努力家で、そこは認めますよ。
才能だってあるんだろうな。多分。
表現の方法はかなり間違ってるけど(笑)。不器用なんでしょうね。
でも、どんなに夢ばっかり語られても、聞いてて楽しくないもん。
あたくしは真顔で「はいはい。そうですかorz。」って聞いてるのに、
自分がどれだけ頑張っているか。どんな理想を持っているか?
って…エンドレス・自分最高状態で(笑)。
んじゃさ。言わせてもらえれば、
アナタ、その結果はいつになったら出るわけ怒
って、ツッコミたかったわよ。
全部中途ハンパな評価に留まってんじゃん?
夢ばっか語っていないで、1つ位はまともに評価されてみろ!ってね。
(まぁ言ったら言ったで、その後の大惨事は予想をはるかに超える。)
まずもって。
あたくしを笑わせられない時点で、もはや失格なのさ。ははは。

パッと見はかなり良く。←これが全ての敗因だと思うのだが。
外に向かって情熱的でもあり。一見、無邪気にも見え(一瞬だな)。
しかし、よくよく聞けば、トーク?は全然面白くない。
周りに救われているのに気付けない幼さが、更に残念さを増し。
似てるんですよ。あちこちが。
こういう人と、一時でもいい仲だった己が憎いぱんだ 泣く
若気の至りですよ…ホント。今じゃ最悪の思い出ですがな。

にのちゃんとか大ちゃんとか、翔さんとか相葉さんを知って、
こんなにも魅力ある男子が存在したんだ!っと、そりゃ驚きましてね。
捨てたもんじゃないなぁ?と、かなり生き返りましたheart02
(もうね?男なんてど?しよ?もない生き物だって思ってたもん。)
結果は絶対にひけらかさない。
むしろ笑いに換えて、『ダメ子ちゃん』を装うという謙虚さ

肩書きだとか、人気とかに左右されないで、
実力を評価される仕事をするのがプロなんですよね。

あたくし、別に結果至上主義ではないですよ。
過程だって大事だと思います。努力は報われるものだと信じたいもの。
でも、仕事となれば別ですよ。
プロは努力して当然なんです。それが仕事なんですから。
その、努力の過程や情熱だけを語るのは、プロじゃないんです。
そんなの、誰だって出来るんだから。

長くなりましたが。
こんな事情で、あたくしには苦手とするタイプの人がいるんですよ。
見た目は麗しいんだけど、あんまり魅力を感じない人ね。

誰が、どこの部分を優先して、人を好きになったって構いませんよ。
それこそ好みの問題ですからね。
あたくしが苦手だからって、人に何か強要するつもりはないし。
でも、逆から見れば、あたくしが苦手って思うのも仕方ない(と思ってください)。
個として見れば、また違った目線で見られるのかもしれないけど、
嵐さんを1単位として考えた場合に、この自由人ぶりは何?
ハリウッド二宮を前に、それ言っちゃうかぁ?
にのちゃんのハリウッド話なんて、もはやネタになってるぞ(笑)。

ま。そういう事です。
美貌と情熱と話題性(これも何故?)以外で、
世間様を、あっと驚かすような結果を出してみましょうよ。
歌でも踊りでも、芝居でもいいからさ。トークは…諦める。
そしたら拍手して大絶賛します。何やってもいいです


01:27 | ARASHI | comments (0) | edit | page top↑
翔さんおめでとうございます。 | top | 少クラ☆プレミアム?。

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する