スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

上海LIVE1回目?

ところで。
上海は、すごくホコリの多いところで。
あちこち、とにかく工事してるんですよね?。年度末の日本みたいだ。
再来年の、万博の準備らしいんですが、青空が見えない位のホコリ。
洗濯物は、外に干せないな。(それがどうした?)
あたくし、本日は休暇を取りましたので、
旅の残骸(洗濯やら片付けやら)処理に勤しみまする。

以下。長くなるので、続きを読んでください。

さて。LIVE会場の向かうバスの中で、チケットが配られましたが。
…ちっともわかんない(笑)。だって、漢字ばっかりだもん。
アリーナ前方だっていうのは、なんとなく掴めました。
そして再び会場に到着!青空チケット販売人さんが、わんさといました(笑)。
入場列に並んでいる間に、1面に嵐さんが載っている新聞をゲット!
無料配布してくれてた模様です。中面にも載ってましたよ。
会場入り口では、チケットのバーコードで席を確認するという、
意外とハイテクな一面に遭遇。偽造かどうかの確認ですかね?
それでも、収容人数がそんなに多くないせいか、大した混乱はなかったです。
お手洗いも、思った程の混雑はなく。
でも、男子用に入ろうとしていた女の子が、警察?にこっぴどく叱られてた(笑)。
警備は、基本的に公安?のお仕事みたいでしたね。
ただのスタッフさんだけでなく、公安の制服さんがいっぱいいたもん。
そして、自分の席を確認に行くと…え?
あら?もしかして、アリーナ最前列?チケットは1列目じゃなかったけど?
なんだか、よくわかんないけど、一番前でした。
…大きな声じゃ言えませんけど、そんなミラクルキラだったんです、あたくし。
こんな幸運は、もう二度とやってこないでしょう。はい。
これだけで、上海に来た価値があるというものです。
連れの先輩と、「もう、絶対にブーたれない事にしよう」と誓い合い(笑)。
だが、席の隣には、公安さん用の丸椅子が置いてあり。
ムービング無し。花道無し。外周無し。もちろんバクステ無し。
何となく、この時点で、不穏な空気は感じてましたけど。
やや、微妙な雰囲気で(隣に公安さんがいるし)LIVEは始まりました。

アジアの、どこの会場でも同じような映像だったと思いますが。
アジアの地図が映し出され、まずは東京に向かい、国立の映像。
開始前の会場周辺の映像とLIVEの模様が、ドキュメンタリー調に流れ。
そして、台北とソウルを経て、上海に繋がるという、
ゾクゾクするような映像でオープニングでした。

ってかですね?。あの、会場周辺の大混雑も、映し方によっては、
素晴らしいドキュメント映像に成り得るという(笑)。
そのテクニックにも、かなりヒットしちゃいましたよ。

さて。嵐さんが登場ですよ!
きゃあ?!の大絶叫とともに、♪ Love so sweet ♪でご登場!
まあ!なんて近くに嵐さんがheart02
結果的に、この状態で最後まで続く訳ですけれども…。
あまりに近くて、モニター画面なんて必要なかったです。
ってか、場所的に、正面以外のモニター画面が見えないのよ。
(LIVE後半で、やっとその存在に気付く始末。)
正面は、演出効果?に使われる事が多くて、嵐さんはあまり映らないし。
ほとんどがメインステージで歌っていて、短い花道?があり、
その前に、おそらくムービングと思われる小さなステージが用意してあり。
そこだけしか、嵐さんは移動のしようが無く、終始近かったです。
だから、スタンド席のお客様には、ちょっと気の毒でしたね…。
狭い会場だからこそ、嵐さんが近くに来てナンボのものだし、
メンバーさんも、ファンサがやりにくかったと思われます。
で。そんな中でのラッキーガール?なあたくしは、
嵐LIVEを、お茶の間感覚で拝見出来た訳でございます。
贅沢を言わせて貰えれば。
モニター用のカメラが目の前にいて邪魔。ケーブルは足元にぶつかるし。
…はっ?ブーたれないんじゃなかったのか
すみません…自重します

とりあえずここまで?。
次は、LIVEの内容の感想になると思います。




09:56 | 08 ARASICK | comments (0) | edit | page top↑
上海LIVE1回目? | top | 上海LIVE1回目?

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する