スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

流星の絆・第4話

錦戸さんは…。
クロサギかなんかなんですか?

第4話まできて、あたくし、やっぱり、
いろんな意味で自信を無くしてしまった
金曜日の夜が、想像していたよりも楽しみじゃないかもしれない。
ま。あたくしの、ドラマに対する考え方に問題があるからねorz
クドい話になるので、続きは別窓で。
ここから先は、二宮さんと完全に切り離して語りますけど。

ドラマ版『流星の絆』は、おそらく原作とは全くの別モノなんでしょうね。
読んでないからわかんないけど、多分、そうだと思う。
伝えたい内容っていうのは、一体どこなんだろう?って、
ドラマを見てるとわかんなくなっちゃうわ。

一応ですね?。兄弟の絆とか、過去の傷とか、そういうのは汲み取れます。
だったらさ。そこをとことん追求すればいいじゃん?って思うのね。
ドラマとか映画に特化して成せる事って、
現実じゃまず起こりえない出来事を、強引にでも展開させられるってことじゃないの?
とすれば。
全く救いのない話だっていい訳ですよ。ね。
例えば魔王とか(笑)。これは気の毒な話でしたわね…。ええ。
映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』みたいな、
あり得ないだろう?どっかオカしいだろう?っていう話であっても、
それはフィクションだからこそ出来る訳でね。
悲劇を追求すれば、それで立派な作品になれるんですよ。
『流星』は、悲劇に見舞われた兄弟が、
時効を区切りとして過去を清算することで、
人生の再生を試みる話ではないのかな?
(え?違う?)
親を失ったことで歯車は狂っちゃうし、犯人は思わぬ人物だし。
救いようがない話っちゃ?その通りなのよ。
だから。
ショートコントの必要性が、ちっともわかんない。
面白いですよ。ショートコント。笑って見てますよ、あたくし。
だけど、それとこれとは別でね。
この話に、息抜きする場面が本当に必要なのか?って、疑問なのよね…。

あたくしね。基本的にドラマっていうのは、
見ている側に、1回毎に問題をぶん投げて終わればいいと思ってますから。
問題っていうのは、翌週の展開のことではなくって、
こんな事があっていいんじゃろか?っていう、消化出来ない想いのことで。
それがフィクションだからこそ出来る仕事でね。
その繰り返しで、1クールが1つの流れになればいいと思うのね。
そこで初めて、ドラマが伝えたかったことが完結するんじゃないのかな。

今のところの『流星』は、そこそこに物語は展開してますけど、
あまりにもユルい詐欺行為と、お馬鹿兄弟のやりとりが…。
本来のドラマの内容を薄めてしまっているように感じる。
だから、今のところ、原作は全く読む必要が無いし、
というより、今はもう読んじゃいけないと思う。別モノだろうから。
こういうドラマになるとは、あまりにも予想外だったし(少しは覚悟してたけど)、
視聴率(話題性?)と質の高さは、必ずしも比例しないのはよくあることだし。
こんな自分が、このドラマをどうやって見ていったらいいのか?
結構悩んじゃっているんですね?今は。
まぁ、根暗だからこういう事ばっかり考えちゃうんでしょうけどね(笑)。

補足としまして。あたくしね…実は『ER』ヲタクでもあるんですけど。
海外ドラマ。緊急救命室ざます。
1?10シーズン分のDVDセットを、amazonで大人買いしました。
家族には内緒。だって、8万円位したもん(笑)。
このドラマ。リアルタイムでもずっと見てましてね。
毎週月曜日の夜に放送だから、見た後の1週間の暗いこと暗いこと!
内容が重いですからね…やりきれなさでいっぱいになるんですよ、これ。
これこそ、問題ぶん投げドラマの最高峰ですから!
あたくし、一応医療従事者ですので…余計にヘコむんでしょうね。
でもね。この展開は大事なんですよ。考えさせられますもん。
設定は医療現場ですけど、内容は「人生は厳しいぞ!」ってことだもんね。
だから、1週間かけて、一生懸命消化して…またヘコむ(笑)。
そういうドラマが好きだから、並の展開には満足しないんだろうな。
…どMかっ?

なんかなぁ?。鳴り物入りで始まった、うちの二宮さんのドラマなのに。
誠実な意味でのテンション上がんない自分が、悔しいんですよね。
そういうことです。くっすん。

01:51 | 流星の絆 | comments (0) | edit | page top↑
こりゃ大変だ。 | top | うたばん。

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する