スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

またまたアラシちゃん。

最近の、あたくしの悩み。それは。
まつ毛は、何歳までくるりんと上げてよいものか
ってコトなんですよ。
age嬢見てたらね?。いろいろ考えちゃったわよ
それ以前から、ちょっと気にしてはいたんですけど。
と言うのはね、あたくし、まつ毛は結構長いんですね。
だから、ビューラーで上げて、マスカラをちょこっと塗ると、
面白い位にすごいまつ毛になるんですよ(笑)。←既に実験感覚。
ひゃあ?スゲーまつ毛だな!ってね。自分でも笑える。
化粧なんて、惰性でやってますからね…こんなもんだろうと思っていたけど。
しかし。時々「そのまつ毛。どうやってるの?」なんて聞かれると、
あら?これってもしかして、普通じゃないのかしら?
イタいおばちゃんになってるのかしら?と不安になる。

あたくしの理想としましてはね?。
綺麗にアイラインの入った、涼しい目元が女の美!だと思うんですね。
この方が、絶対に難しいと思う…。女のお仕事ですもん。
だけど、あたくしの目は大きい方だし、二重も幅が広いから、
アイラインなんて入れた日にゃ?どんだけクドイ目元になるんだか(涙)。
贅沢な悩みだと言われれば、ホントにその通りなんだけど、
小さい目をね、大きく見せるために手間ひまかけている人の方が、
ずっと女らしいと思うんですよ。(ただし、3ミリ幅のアイラインはNG:笑)
もう、いい歳ですからねぇ?。40近くにして、くるりんまつ毛もないだろう?
化粧品売り場のお姉さんに相談してみようか?とも思うんだけど、
前にね。人数合わせのために強引にお呼ばれしてして行った講習会?で、
あ。あなたには教える必要ないから!」
って…完全スルーされた事がありまして
これ?どゆこと???
あたくし、デーモン閣下レベルだってことなの?それとも歌舞伎?
化粧なんて、毎日5分で完成してるんですけど!(それもどうか?)
どなたか…上手なお化粧の仕方、教えてください(涙)。

さて本題。(遅すぎだよ。)
アラシちゃん。アラシちゃんだよ!
チャイマイ…もうヤメようよ、これ。
ってかね。この資格の存在自体が、納得いかないのよね。
こういうのってさ。資格じゃないよ。必要なのは経験&人間性だよ。
こんな資格だけで、子供を育てられたら、誰も苦労しないから!
しかも、番組の企画として、言葉も話せない月齢の赤ちゃんだよ?
コミュニケーションが取れない相手だよ?
まだ2?3ヶ月の赤ちゃんなら、話は別だけどね。無抵抗だもんheart02
ひたすらコネコネして終わり!そんな嵐さんなら観てみたい!
だけど、ひたすら泣かれて終わりのコーナーって…成立するの?
ホント、嵐さんにはひたすらお疲れ様!って気持ちでしたよ。
預ける側の態度も、ちっともよろしくないし。感謝さえしてないし。
もう、いい加減にしてくださいな。スタッフさんよ。観ていて辛いですよ。

そして、不思議な新コーナー…。
これね。嵐さんと芸人さん&司会さんは、相当頑張ったと思いますよ。
この企画で、あそこまで盛り上げたのは、プロ根性ですよ
これって、いいとも!の何とかランキングのパクリですか?
嵐さんに高カロリーの話って…全く必要ないんですが。
(お?S氏だけはダイエットに励んだ時期もあったっけな?)
意外にも、にのちゃんのコメントが当たっていることにビックリ!
にのちゃん…アナタ、1番ダイエットには無縁のハズですが。
プラズマ大野さんの話には、更に驚きましたけど。
40?台???嘘でしょう?にのちゃんと同じ
世のお嬢様方。
大宮コンビには、お姫様抱っこを夢みてはなりませぬ(笑)。
いや。そんな話ではなく。
こんなに企画に迷走する番組っていうのもないだろうなぁ?と。
あたくしも、ウザい宣伝部長としてね。
これはそろそろ、宣伝するにも限界があるかなと。

うちの嵐さん。観てくださいね?!って、
だんだん申し訳なくて、大声で言えなくなってきちゃいましたよ
嵐さんはいいんです。素晴らしく頑張ってますよ。
問題は、内容なんですよ。
もう、お願いだから、お願いですから、
もう少し、やり様ってものを吟味してくださいよ(涙)。
一応、ゴールデンな訳ですからね。この番組。
いっそ、完全ヲタ向けの方が、意外とウケるかもしんない…。
ちまちま。ウダウダ。
その方が、嵐さんの良さがずっと伝わると思うんですけど!
嗚呼?!悲しい。ホント、悲しいの一言に尽きまする(涙)。

02:15 | ARASHI | comments (0) | edit | page top↑
事件? | top | 魔王・第4話。

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する