スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

おのぼりさん?

行って参りました!
アマツカゼ!!!

いやぁ…東京は寒かっただね(涙)
雨まで降ってくれちゃうという、大歓迎ぶりで。
ホント、辛かったです。
青山劇場は、開演前に外で列を作って待たなきゃならないし。
半ズボンのチビちゃんは、
「母ちゃ?ん!寒いよ?!」
っと、ピャ?ピャ?騒いでおりました…。

そんなこんなで、やっと入場。
あたくしのお席は…ミラクルな位、前方で!
いや、しかし。前だからっていいという訳でもなく。
スピーカーのドまん前でしたからね(笑)
死ぬんじゃないか?と思いました。時々。
心臓弱い人だったら、ちょっと危険かもしれません。
あたくしはこの通り、何かが生えていてもおかしくない心臓だけどさ。
でも、役者さんは、思いっきり見放題でしたよheart02

続きはこちらで。
ネタバレ・ややありです。

まずは大野さん。
前回ほど、お痩せにはなっておらず…見事な金髪でした。
いつも思うのは、大野さんは髪型をイジるってことがないんだわ。
嵐の大野さんのままで、舞台もOK。
すごく効率的です。感心します(笑)。
相変わらず、小柄でしたよ。はい。

そしてあっ君。
いやぁ?!びっくりするほどの男前ですね、この方!
超・美形です。こんな人、滅多にいません!
あたしの中のあっ君は、まだ光GENJIですから。(←どうよ…この世代感?)
ひえ?…。とにかく男前でした。
うちの父ちゃんでさえ、度肝抜かれておりました。
危うく惚れてしまいそうになりました(笑)

舞台そのものは…前回のような嵐ネタはほとんど無く。
釣りや粘土に夢中の、大野智さんには触れてましたけど。
まぁ、許容範囲でしたね。
幕が開いてからの掴みはかなり良くて、
男・大野さんの魅力が前面に出されていて、
これはかなりイケるかも?っと思いました。
凛々しくて男っぽい大野さんで、舞台が始まりました。
やっぱり大野さんは、こういう一面がいいんですよ。
秘めた底力っていうんですかねぇ…。
なんか、余計なものが全然なくって、とにかく男気に満ちている。
そういう人なんですよね。大野さんは。

そして、人を斬るわ斬るわ(笑)。
これでもか!っという位、斬りまくっていました。
汗が滴り落ちていましたもん。ある意味、キラキラ大野さんです!
これだけの殺陣は、なかなか見られませんね。
身のこなしの軽やかさは相変わらずで、ホントに美しい。
運動神経の良さとか…そんな言葉じゃ語れないですよ。
人間離れしているようにさえ感じました。
感情表現も素晴らしくてね。
グッと引き込まれる瞬間が沢山ありましたし、
正直言って、期待以上の演技を見せてくれました。

欲を言えば。
陽炎役のお嬢さん。とっても可愛らしいお嬢さんだったんです。
近くで見ていましたから、そのお顔はよく見えていました。
あまりに可愛いので、役に馴染まない感じさえして。
もったいない感さえありました。
声がね。芝居向きの発声になっていたせいもあって、
ちょっと役のために頑張り過ぎちゃったかな?と。
違う役だったら、もっと活きてきたのかもしれません。
おりんさんも、べらぼうに美しかった!
女たるもの…こうじゃなきゃならないな。っと、1人反省もし(笑)
全く勝てる気がしませんでした。(当たり前だよ!)
最後に、おりんさんの野望が見えてくる訳ですが。
もう少し、気持ちを丁寧に表現する時間が欲しかった。
「え?!こんな人だったのかい?マジですかぁ?」って、
ついていけない(いきたくない)自分がおりました…(涙)
それならむしろ、
「不動を、本気で愛していたのに…」の方が、
まだ救われましたよ。私も、凪(大野さん)も。←へ?一緒かい?

そこに行き着くまでの話の流れが、
まぁ、言ってみりゃ?美談というか、昔はこうなんだよな的な。
ご主人様のために犠牲になるのが、美徳です?的な。
わたくしには、許しがたい世界な訳でね。
(どんだけ腹黒いんだか…?)
要は、最後は巻き巻きなんですよね。やっぱり。
もったいないなぁ…っと思っちゃいました。くすん。

最後のスタンディングオベーションにも…驚きましたがな。
これって、ありなんですか???
結果、あたしもやっちゃいましたけど。
だって…やらなきゃ、空気読めない人になりそうだったし。

でもね。大野さんは素晴らしかったですよ。
観に来て、ホントに良かった!
なんかね。なんだかよくわかんないけど、
あたしも頑張らなくっちゃな!って!
大野さんがこんなに輝いている姿を見せられちゃ?、
これであたしも変わらなかったら、バチが当たるだろうよって

すごくいい刺激になりましたよ。
大野さんに魅せられて良かった!
あなたを好きになってよかった!!!
それほどまでに男前。
どうしてこの人は、こんなにスゴいんだろう…?
どれだけの力を秘めているんだろうって、
そら恐ろしくさえなりました。
こういう姿を見たくて、やっぱり嵐さんからは離れられないなって、
胸がいっぱいになって観終わった舞台でした!

大野さん。あなたは最高に男前ですheart02
釣りもいいけど、こういう姿を沢山見せてください(笑)

終わり。

01:03 | ARASHI | comments (0) | edit | page top↑
い・忙しい…。 | top | 続き(長っ!)。

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する