スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

チビちゃん孝行。

子供の話です。

2年生のチビちゃんの学校からの指令で、
生まれてから8年間の写真を、1年毎に1枚ずつ、
計8枚用意してくださいって。
…死ぬ気で探しましたよ(涙)
引越し騒動で、どっかにいっちゃってたもん。
それはともかく、いやいや、感慨深いものがありました。

なんたって、あたし、若い!(笑)
生まれた当時はまだ20歳代でしたからね。(からくも)
赤ちゃんだったチビ。
可愛いのなんのって!
この子は、生まれた時から可愛い子でした。
わたくし的には、最高傑作です(笑)
そして、すごく優しい子なんですよ。
あたし、1度もチビちゃんに責められたことがないもん。
どんなに叱ったり、あたしが失敗したりしても、
「いいよ。大丈夫だよ、お母ちゃん。」
って、必ず許してくれる。
それどころか、いろいろと心配までされちゃってますし。
好きな食べ物が目の前にあっても、
いいから!これは美味しいからお母ちゃんに食べて欲しいの!」
って、必ずお母ちゃんに譲ろうとするんですよ。
やっとこ説得して、チビに食べさせようとすると、
「…ごめんね(涙)。お母ちゃんありがとう。」
って、それでも半分わけてくれようとしたりして。
長男なんて、1口たりとも譲ってくれたことがないのにさ(怒)

仕事の都合で、チビには随分寂しい思いをさせたり、
我慢させたりしてきているんです。
チビは何にも言わないで、じっと耐えてくれてます。
ほんとにね。この子には何をしてやれるのか?
どうしたら、チビちゃん孝行が出来るのか?って、
いつも考えてはいるんですけどね。
子供を育てているフリをしていても、
子供に支えられてばかりなんだなって。
親って、ホントに無力なんですよね。
あたしがしっかりしてないから、そうなのかもしれませんが(笑)

こんなチビちゃんの兄ちゃんは…相変わらずのテキト?人間で。
あたくしはチビをべらぼうに可愛がりながら、
「あんたとチビは、区別じゃないから。
ただの差別だからね!」
っと、兄ちゃんには、なんとまぁひどい暴言を吐いても、
しっしっしっ!と笑いながら、どっかに行っちゃいます(笑)
…ドMなのか?長男よ?!

01:54 | 息子ネタ | edit | page top↑