スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

春の祭典

先日の『N響アワー』。
ストラヴィンスキー特集でした。
きたきた?(^O^)
『春の祭典』。

『ベルリンフィルと子供たち』という、ドキュメンタリー映画、
ご存じでしょうか?
…知らないですよね(T_T)
ベルリンフィルが行った教育プログラムで…
生活環境や行動面に問題を抱える子を含めた、
250名もの子供たちを集めて、
『一流のダンサーの振り付けで、
ベルリンフィルの演奏で』
春の祭典を踊らせよう!という企画。
な・なんと贅沢な(@_@)!
サイモン・ラトル率いるベルリンフィルの練習風景は、
と?っても見応えがありましたし、
何よりも、
『超・一流だからこそ成せる仕事』
を見せて貰った気がします。
本物の芸術は、人を動かすためにあるんだってね。
ドキュメンタリーなので淡々と、過剰な演出もなく、
だからこそ胸に届く、とてもいい映画でした。

私が1番好きなクラシック曲といえば。
『春祭』なんです。
…これって、ある種のヲタなのかしら?
随分前から…何かに行き詰まると、必ず『春祭』を聴きたくなるんです。
なんかね、原点に還れるような気分になるんですよ。
もう一度、始めから落ち着いて考えてみようって。
地の底から湧き出て来るようなこの曲を聴き終わる頃には、
大概の迷いは解決している気がします。

ただ。
息子はどうにもこの曲が好きになれないらしく。
『これ、全然意味わかんないし!』
…ばっかりですよ。
お前のような子供にわかってたまるか!
はいはい。わからなくて結構ざ?ま?す。
わからないからこそ、何度も聴く価値があるんだも?ん。
息子は『バッハやモーツァルトの方が、ずっといいじゃん!』
と言うけれど。
…ほっといて頂戴。
私は、私の好きな曲を聴きたいだけなんだから。
人に勧められる、どんな有名な曲よりも、
自分で見つけた珠玉の1曲の方が、どれほど宝物か!

私にとっては、それが『春の祭典』なんですよ。
わかったかなぁ?
…多分、わかんないよね(>-<)


00:54 | MUSIC | edit | page top↑