スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

きゃしゃ?ん。

嵐さんの歌を全く聴かなくなってからというもの…
(秘密な事故はあったが:笑)
お誕生日が一緒な、うたださん家のひかるちゃんとか、
長年ご贔屓にしている Pet shop boys さんとか、
クラシック三昧とか…。
そっちで充電していた訳ですが。

思い出したよ!映画 『CASHEEN』 !←スペルはOKか?
これ…。私には衝撃の映画だったもので、ちょっとコメント。

内容が内容だっただけに…すごく重くてね。
もう一度観たいとはすぐに思えない映画だったんですが。
結果、2回観ました。
まずは映像美。
色彩感というのか、まずもって色の使い方が今までになかった映画。
さすがひかるちゃんの元・配偶者様。
♪ Traveling ♪のPVの鮮やかさに驚いていた私でしたが、納得!
あれは、かの元・配偶者様が撮ってたんですもんね。
ああいう絵は、今の日本じゃあまり拝めませんな。
色に溢れた映像。
嵐さんの新曲のPVとは訳が違いますよ(笑)
モノクロの画面との対比がまた効果をよんで、
うわぁ?スゴいなぁ?っと、心底感心した映画でした。

あとは俳優さん。
唐沢氏がね…ホントはあなたがキャシャーンじゃないか?
あなたが主役じゃないのか?と思わせる演技で。
完全に主役の伊勢谷君をくっちゃってましたね(笑)
いや、伊勢谷君もなかなか良かったんですけど。
唐沢氏には敵わなかったかなと。
ってか、唐沢さん…少し手を緩めてあげてもよかったんじゃないか(笑)?
実力をまざまざと見せ付けられました。

他の俳優さんも充実していて、すごい企画だったと思うんですが、
イマイチ評価は伸びなかったみたいですね。残念。

そしてなんと言っても、ひかるちゃんの歌ですよ。
映画の感動の半分以上を、歌が持っていっちゃってます。
スゴイよ…ひかるちゃん。
これだけいい歌を作ってくれるなんて、
監督さんも作品を作った甲斐があるってものですよね。
この子、ホントに天才だと思うんです。
様々な感情や、背景の設定…。
これを言葉を選んで見事に伝えきるんですから!
全てが経験じゃなくて、想像の世界でしょ?
こういう頭脳は、どうやったら育つのか?
どうやって経験していない感情をここまで表現できるのか?
ちょっと天然?だけど、だからこそスゴい!
ひかるちゃん。これからも頑張ってちょうだいな!

なんかね、嵐さんの歌を断つのも悪くなかったですよ。
いろいろ忘れかけていたことも思い出せて。
やっぱりね。アンテナは沢山上げておかないと!
そう思える充電期間ですよ。今は。
(言い訳だよ、言い訳:笑)
04:24 | CINEMA | edit | page top↑