スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

一枚のパン。

明日は、長男がテレビCMを務めた(放送事故です)
ジュニアオーケストラの、ニューイヤーコンサートです!
ニューイヤーコンサートというと、
必ず思い出す事がありまして。

あれは長男が6年生だったか?
夜の自主練習に行ってきたんです。
寒い中、夜の8時半頃までの練習。
帰って来た息子に、
「お腹すかなかった?」
と聞いたら、
「うん…。今日はね、高校生の先輩がパンくれたよ
って言うんです。
えっ?それはなんとありがたい!

息子が言うには…。
休憩時間に、一人でロビーでジュースを飲んでいたら、
まだ話したことのない、高校生の先輩がやってきて、
腹減ってないか?パン食うか?
っと…
いきなりバッグから、食パン1斤を取り出した!
びっくりしている息子に、先輩は、
「ほら!」
と、1枚差し出したそう。
会話をする訳でもなく、2人は黙々と食パンを食べたらしい…。
「あんた…。何にもつけないで食パン食べたの?」
「うん。でもね、先輩はちゃんとジャムも持って来てたよ。
………。
素晴らしい!!!
なんと素晴らしい先輩か!!!

あのね。小学生にとって高校生の先輩は、
憧れの、すごく遠い存在なんですね。
(嵐さんと、Jr.さんみたいなもんですよ)
その高校生が、名前もまだわからないような小学生に、
腹減ってないか?」って、パンを分けてくれたんです。
しかも食パン1斤持参で(笑)
わたくしね…感激で、ホントに涙が出ました。

たいしたことない話に聞こえるかもしれませんが、
お友達もいない練習日に、
1人でポツンとジュースを飲んでる小学生に、
パン食うか?」って声をかけてくれる高校生が、
今の時代、どれだけいますか?
こんな胸の熱くなるような経験を積み重ね、
息子はオーケストラに育てて貰いました。
「あんたも上級生になったら、
そういう立派な先輩になるんだよ。」
と、息子にはよく言い聞かせました。

そんな息子は、今まさに高校生。
あの日の先輩の優しさを胸に、
小学生に尊敬される先輩になっているハズなのに…。
な?の?にっ!!!
バカ息子は、後輩のパンを無理矢理奪って食べ…(涙)
あげくにパイプ椅子を並べ、昼寝(爆睡)しているらしい。

小学生には指をさされて大爆笑され…。
…おいっ!
お前には恥じらいというものはないのか?
先輩としてのプライドってもんはないのか???
小学生に笑われてどうすんだよ… ガーン
…尊敬されなくてもいい。
ただ、普通の人間であって欲しい(涙)。
この母のささやかな願いは、叶えるのさえ難しいのか?
おい!ど?なんだよ!怒

あたくし、明日もきっと誰かに笑われます。
伝説の男』の母として ぱんだ 泣く


23:19 | 息子ネタ | edit | page top↑