スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

チャン・パンダの旅日記?

ど?も。
改めまして、チャンでございます…。

そんなこんなでわたくし、旅に出た訳ですけども。
旅の最中は、お父ちゃんのバッグに忍び込み。
ことあるごとに、
お母ちゃんから、
「父ちゃんっ
 ここでさっさとチャンさん出す
 ボヤっとしな?い!」
っと、突然の出動要請をされ。
慌てて飛び出し&ソッコー格納という、
まぁ過酷な旅でもございました

セントーサ島に行き?の。
マーさん
これが巨大なマーライオンタワー。
ホントに開いた口が塞がらないくらいに、意味わかんなくデカい。

水族館行き?の。
これは?
 これ?何っ?テンション上がりまくり!
 水族館マニアには、たまらん逸品でした。


アシカのショーを観?の。
ショー

名物チキンライスを食べ、
チキンライス

激甘デザートで血糖値が急上昇。
デザート
(とにかくこの国では、甘いものは徹底的に甘い

ダックツアーなるもので、川に入り。
(水陸両用の、軍事車両だったらしい。
 道路を走ってたかと思ったら、いきなり川にボチャ?ン!)
ダックツアー
英語オンリーのガイドに、全くもっての異邦人。
あ??なんですかぁ??みたいな(笑)。

シンガポールフライヤーという巨大観覧車で、全景を一望。
フライヤーフライヤー2
チャンさんの向こうに、シンガポールの景色が見えます。
ちょっと暗いのは、スコール直前だったため。
30分くらいかけて、ガイド用トランシーバー(日本語有り)片手に、
シンガポールの全景を満喫しました。
1つの箱?に、20人位入るんですよ。
ガラスにへばりついて見ていたものの、
途中で疲れてしまい、
最後はチビとう○こ座りしてグダってました…

ここは都会じゃ
信じられないくらいの大都会でしたよ。

また続く?

スポンサーサイト
23:19 | 旅行 | comments (0) | edit | page top↑

チャン・パンダの旅日記?

ど?も。

わたくし、
チャンさん

『チャン・パンダぱんださんと申します。←チビちゃん命名。
2008年11月。嵐さんLIVE@上海に参戦したおばちゃんに、
浦東空港の免税店でお買い上げされました。
この度、こちらのお宅のチビちゃんに、
「この子は、旅のレギュラーさんっheart02
っと?、はるばるシンガポールまで連れていかれました(笑)。

それでは、チャンさんと綴る旅の日記。

新幹線に乗り?の。
新幹線

成田エクスプレスに乗り?の。
NEX

12月24日。成田空港からシンガポールエアラインにて出国。
飛行機
わ?い!2階建てのエアバスですよ。
この飛行機に乗りたいがために、
便名指定のツアーに申し込んだという。

エコノミーでも豪華っす!座席が全然窮屈じゃないの。
モニター
立派なモニターついてるし。←普通?

ゲームはやり放題だし。
テトリス

機内食も美味しいし。
機内食

CAさんは、おそろしく別嬪さん揃いだし。←過去最高レベル!
あ?。ここで早くも女として生きていく自信を失ったあたくし

行きの飛行機では、乗った途端にテトリスをやりまくり、
CAさんに気の毒そうな目で見られ、
(どうしようもない親子連れ
ご飯を食べたらソッコーアマルフィを観始めたおじさん&おばさん。
そして、ほぼ同時にひっくりがえったという…。

チャンギ国際空港に到着。
な。なんと巨大&新しく綺麗な空港
クリスマスの飾りが、こんなに大きいんですけどっ!
空港
          チビ&母

この後も、とにかくこの国の豊かさに圧倒される旅でありました…

お泊りは、コンラッド@シンガポール。
コンラッドホテル

お部屋にはお約束のコンラッドベアーとアヒルちゃんがおりました。
コンラッドベアーあひる
(しかし、3体ともクリスマス仕様…普通のも欲しかった)

ウェルカムにはクリスマスケーキのサービス!
ケーキ

さすがに立派なホテルでしたね。えぇ。

朝食のバイキングでは、美味しいオレンジジュースで始まり。
テーブル毎に、コーヒーのサーバーが置かれるおもてなしっぷり。
ワッフル

焼きたてワッフルに感激しているあたくしの目の前で…。

味噌汁

げっ。チビが味噌汁飲んでるよ。
どうもいかん。お前は、何をしに来たんじゃ


ロビーでは、これまたお約束の、
『コンラッドベアー・クリスマスツリー』がっ

ツリー
         ※チビと言いつつ、実はもはやチビではない。
…。
……。
………。
やるっきゃないでしょ。
うちのチャンさんも、混ぜてあげるしかないでしょ(笑)。

チャンさんは、どこにいるんでしょ?かっ

ツリー2
       はい。ここですよ(笑)。

って、旅の最中に、何度となくこればっかりやってたんですけど。
いや。これがまた大ウケで
写真を撮っている困った日本人(あたくし)を見て、
爆笑していくお客様多数←ホントですってば!
外国の方は、ユーモアがあってよろしいわぁ。
チャンさんの記念撮影は、どこに行ってもバカうけで、
あたくし、俄然やる気満々でしたからね(笑)。

続く?。



03:02 | 旅行 | comments (0) | edit | page top↑

我が家のおつや。

シフォンケーキ、焼いたどぉ?!

バナナシフォン
はい。バナナシフォン。
死にかけたバナナをお助けしました。
案の定、秒殺で完食
こうやって、なんちゃってケーキばっかり作ってます。

おやつ命の我が家。
晩御飯を食べた途端、
『今日のおつやは??』←クレヨンしんちゃんバージョン。
ってな感じです。

もちろん、あたくしのお菓子作りは、
贅沢出来ない家計簿事情の産物でもありますけど。
あたくし、お家メードケーキが大好きなんです。
だって。
作ってるあたくしが言うのもなんなんですが。
美味しいんだも?ん
いや(笑)決してや?らしい話じゃなく。
ホントになんちゃって作品なんですけど。
素朴な味なんですよね?材料が簡単だから。
難しいレシピは見ない事にしてるし。←やっぱりものぐさ

生クリーム大さじ2とか書いてあるのは、
ことごとく無視します。(たまにはクリープポーションで代用)
一応、お菓子の本を買い漁って熟読しましたので、
どうしてこうなるのかなっ?
って理屈だけは押さえてあります。はい。←言い訳。
子供がお友達の家に遊びに行く時などは、
前の晩にパウンドケーキを焼いて持たせてやったりするんですが、
(実はお土産を買いに行くのが面倒なだけ)、
結構、ウケはいいです
こんな姑息な手段で、
いいお母さんのフリも出来ます(笑)。

なによりも。
家の野郎どもが、マッハ食いしてるんだから、
そこそこ美味しいんだと思いますよ。多分。
1ホール、1回で完食です。
嬉しいんだか、トホホなんだか(笑)

23:34 | その他 | comments (0) | edit | page top↑

お誕生日。

遅ればせながら。
翔さん。
パンパカパ?ン
お誕生日おめでとうございます
実はあたくしも。
先日、誕生日がございまして

ふふっ。あたくしと翔さんは、同じ干支ざます?
ってことは。
翔さん72歳の時、あたくしは84歳なわけで。
う?ん。お似合いだ←はいっ
イケるよ。こんだけご長寿にもなれば、
付き合っても許される気がする。
巡り逢えるその日まで。
あたくし。ヲタク稼業に心血注ぎます

まぁ、翔さんのパないご活躍ときたら。
ビューティホ?なギャランドゥ。
アイドルクォリティ全開のキラキラ半ケツ。

半ケツにおいては…まぁ前にも見てましたけど(笑)by黄色い涙。
まさに言葉通り、最も輝いている男子っス。
パないっス

随分前の話ですが。
TimeコンFINALでご一緒した、大ちゃん担当のお友達。
『近くのMJより、遠くの自担!』
という、宇宙の法則を言い放った彼女(笑)。
目の前のMJさんをことごとく無視して、
遠くのキャプテンを呼び続けるツワモノ。
『あ。ちなみに。
翔さんの前でも、智さんLOVEモードは譲らないわよ。
大丈夫だってば!
翔さんは、絶対に解ってくれてるよ!
だって…翔さんは…。
すごくいい人だから
…とのこと。
あたくし、思わず笑っちゃったわよ。←in打ち上げ。
これ、すごく分かる気がしません?
翔さんの懐の深さを見事に言い当てた
ナイスなエピソードだなぁ?ってね。←そうか

てな感じでですね?。
ご長寿クイズで戦えるその日まで
長生きしましょうね。翔さん

01:29 | 櫻井氏 | comments (0) | edit | page top↑

ギャランドゥ。

翔さん。
ギャランドゥが…とぅるっとぅるキラキラ(笑)。
え・えぇえええ??
ちょっと!こんなんだったかしら?
翔さんのギャランドゥheart02?←知るかいな。

はい。
朝イチの本屋で、
『事件か?』
っていうくらい山積みになったananの、
1番上は無視して2冊目からをわしっ!と掴み。

『同じ商品、3点でお間違いないですかぁっ?』
っと、男かと思ったら女だったお姉ちゃんに大声で言われ。
とんだ恥ずかしめに遭ったあたくしですorz
ふっ。些細な出来事よ。
長い人生の中じゃ、ほんの一瞬だわよ。
まさしくヲタクの登竜門だわ?お

『まさか買ったよね?見?せ?てぇ?heart02!』
っと、職場のお姉さま方にはおもいがけず大人気!
3冊も買ったとは、まさか言えない(笑)
注)通常閲覧&ラミネートして下敷き用&永久保存版。
お姉さま方の反応は、
『…半ケツ?
『…これも半ケツ?
『…なんで白パン?』
『いっそ脱がんか?い怒!』
まさかの大盛況(笑)
そこか?い!
パンツ周辺だけか?い怒
いや。他の男子の特集もありましたでしょ?
ヨン先輩の仮面ライダー実写版?腹筋とか、
アスリート様の現役バリバリ・ナイスバディ!とか、
そっちでも大盛況だったもんで。

結果。
『やっぱアイドルはアイドルよねぇ…
っと、割と簡単に締め括られ。
おまけに、まるであたくしが
学校にエロ本持ち込んだ高校生みたいになっちゃって、
なんでか軽く変態扱いされて終わっただけでした(笑)

でも。あの。
あんなにツルツルのギャランドゥって、あり
あたくしの知っている霊長類ホモサピエンス男子関係は、
み?んな、普通にギャランドゥでしたけど?←意味不明。
だって。
息子のヘソ毛にうんざりしている母ですものぱんだ 泣く
翔さんの美しいお姿に、
『やっぱ、あたくしは人間じゃないのかもしんない。』
って、リアルに自信を失いかけましたガーン

な?んかね。
素直にいいもん見させてもらったなって。
ヘンな絡みも無いし、うっとり&ときめきキラましたも?ん。
寿命が延びたっていうの?
生きててよかったなって、心底思いました。
願わくば。
写真集が出たらもっといいなとか、妄想したりもして(笑)。

悔しいけれど、オマエに夢中なわけで。
拝啓。翔さん。
やっぱり、あなたほど、
半ケツが似合うアイドルはいない(笑)。

00:05 | 櫻井氏 | comments (0) | edit | page top↑

悲しい時。

センター試験が終わったばかりの、昨日の夜遅く。

長男のお友達が、突然我が家にやってきて。
連絡も無く、学生服のまま、本当に突然やってきて。

子供達は、外でしばらく話をしていて、
息子は茫然とした顔で戻ってきました。
手にあったのは、白い花束。
高校の先生が、今朝亡くなったと。

明日の朝、一緒に学校に行こう。
それまで花束を預かって欲しいと、
お友達は塾の帰りに花屋を何件も回り、
寒い中、自転車で、
学校に近い我が家を訪ねて来たそうです。

彼は塾で、偶然その訃報を聞いたらしく。
(学校では子供達に伝えなかったそうです)

突然の訃報に、
メールさえ思いつかなかったくらい、
いっぱいいっぱいだったんでしょうに。
どうしていいのかわかんなくて、
誰にも相談しないで、
とにかく先生に花を買わなきゃ!
明日の朝、学校に持って行かなきゃ!
って…。
夜の10時過ぎですよ?
こんな田舎で、どこの花屋さんが開いていたのか?
ひどく寒い夜道を、ひたすら我が家を目指して、
彼はどんな想いで、自転車を漕いで来たのか?
おばさん。胸が張り裂けそうでした。

先に連絡くれればよかったのに。
メールのひとつも貰えたのなら、
こんな頼りないおばさんだって、
あんた達の力になってやれたのに。

つい先日までお世話になっていた先生に、
もう二度と会えなくなってしまった息子は、
まるで人が変わったように勉強し始め。
何かを、ものすごく後悔し、
もう恩返しの出来ない自分を責めているようで。
先生。
やっと息子が本気で勉強を始めても、
母は、ただただ悲しいです。
どんなにバカでもよかったんです。
せめて受験が終わるまで、
先生には息子のそばにいて欲しかったんです。
親子揃って、バカと言われてしまうでしょうが。
こんなに悲しい応援って、あんまりですよ。先生。

本当にお世話になりました。
決して成績は良くなかったけど、
先生のお陰で、物理が大好きな子になり。
一生忘れられない思い出(事件ですが…)が沢山あり。
御礼も言えぬまま、さよならしてしまう親子を、
どうか許してください。

先生。
これからも息子を見守っていてくださいね。
本当に、本当に。
ありがとうございました。


01:51 | 息子ネタ | comments (0) | edit | page top↑

業務連絡。

先日、過去の記事にコメントくださった方。
本当にありがとうございました。
連絡先まで頂戴しまして、大変申し訳ないのですが、
個人的なメールのやり取りは考えておりませんでしたので、
当面はコメント欄でお話しさせて頂きたいと思います。
携帯版を手直しいたしましたので、
どうぞよろしくお願いいたします。
またご連絡くださいまし。


17:46 | その他 | comments (0) | edit | page top↑

激震。

翔さんのスペシャルドラマ。
あぁあああ?ぱんだ 泣く。胸が潰れそうな思いで観てました。

あたくし、あの日のことはかなり鮮明に覚えてるんですよ。
自分のいるところからは遠い場所だったのに、
15年前の1月17日の朝の衝撃は、
ホントにハッキリ覚えてるんです。

あの時、あたくしは当直勤務で。←恐怖の24時間勤務
(当時は救急病院で働いておりました)
朝の6時頃に仮眠室から出てきて、
寝ぼけた頭で、いつものようにニュースをつけたら…。
高速道路が倒壊している映像が。
しかも。
何が起きたのか?まだ詳しくわからないってニュースだったんです。
現地からの情報が全く入ってこなかったからですね。
もう怖くて怖くて…一緒に当直していた先輩に、
「なんか、大変なことが起きたみたいなんですorz
って、慌てて伝えに行ったのを覚えてます。
夜勤明けで家に帰っても、ずっとTVを観てました。
寝起きにあの映像。今でも忘れられません。

また別な大地震の時は、お友達が被災地に派遣され。
報告会の終わりに、いつもは気丈な彼女が、
「結局私は、大したことは何も出来なくて…。
 何も出来ないのに、被災された方に逆に励まされて。
 『遠いところから来てくれて、本当にありがとう』 
 って、感謝の言葉ばかり頂いて。
 私は、自分の無力さを思い知らされてきました。」
って、皆の前で堰を切ったように泣き出しました。
あたくしにとっては、
神様のように優秀で、尊敬している彼女が、
自分を責めるように泣く姿は、本当に胸が痛かったです。


不自由な環境の中、
彼女は間違いなく一生懸命頑張って来たんですよ!
与えられた任務の中で、最終日の最後の最後まで、
やれる事は全部やってきたと言ってました。
それでも自分を責めてしまう程の、
大変な事態だったんでしょうね。
報告会の後で、
「言っちゃいけないと思って、今までずっと我慢してたんだけど、
 あの時は、本当に辛くって…苦しかった。」
って話してましたから。

人間、何が1番辛いって。
自分は無力なんだと思い知らされる瞬間じゃないか?と。

ま。そんなことも踏まえてですね。
いいドラマでしたね。先週のファンタジーに比べて(笑)。
ドキュメンタリー半分、ドラマ半分みたいな構成も良し!
この主役に、他の誰でもない、
翔さんにが抜擢されたのが分かる気がしました
ここで大事なのは、演技の善し悪しじゃないんですよ。←あら?
誠実に、真っ直ぐに伝えなくてはってことですよ。
すごく重要なお仕事で…うちの翔さんで良かった!と素直に思う。
イメージ先行っていうのは弊害もあるかもしれないけど、
これはこれで、本当に良かったと思ってます。
若干、なで肩が気になる瞬間もありましたが(笑)。

先週の悪夢?(←結構笑って観てました)が、
これで帳消しだ?い!
今年も皆様にとって、よい年でありますようにheart02

00:21 | ARASHI | comments (0) | edit | page top↑

最後の約束。

あけましておめでとうございます

大変ご無沙汰しておりました。
年末にシンガポールに行って参りまして…。
それ以来、ぐだぐだにぐだぐだな生活を満喫しております。
あ?。楽しい(笑)←基本、怠け者なもんで。
旅行の日記は、追い追い書くとして。

最後の約束。
こればかりは!と楽しみに、珍しくオンタイムで拝見しましたが。
…げっアマルフィ(のパクリ)か???
あたくし、シンガポール行きの飛行機でアマルフィを観てたもんで。
個人的にタイムリーだったのよ…オチが。
そんなアマルフィは、
『えっ?えぇ??あの宣伝でこの浅瀬?
って…そりゃ?空の上でおったまげましたけど。
(ちなみに隣のおじさん←うちの父ちゃんも、ほぼ同時にずっこけてましたが)
あ。俳優さんはよかったです。念のため補足。
湾岸署青島改め、外交官黒田。素敵ぃ
ありゃ?惚れるわ。たとえそっち系の人と分かっていても(へ?)
天海さん。美し過ぎキラ。ホントにいい女だよ。憧れるわ。
話を戻して。
最後まで謎だった裸5人衆&サスペンスと言う名のファンタジー劇場。
そして6人目の嵐は、実はヨギータイギータだったという衝撃(笑)。
あたしじゃなかったのね(しくしく)←言ってみただけ。
『人質は嵐』って…宣伝に翻弄された、愚かなあたくしが茶の間で茫然。

ってねぇ。あたくしだって、
10年ぶりの5人のドラマとか言って、
『めちゃ感動しましたぁ?!
 やっぱり絆って大事ですよね?ですよね?』
とか言ってみたかったわよ怒
でも…あれじゃ?言えない。絶対に言わないよ。
あの脚本でやり切った嵐さんには、尊敬の一言
宣伝にも頑張ったしさ…ぱんだ 泣く
でもね。オチの安さと言ったら。
TVって罪だよねぇ…。ほんと。
国民的アイドルに、何やったって許されちゃうんだから。

今年のあたくしは、正直に生きることにする。
だってさ?
『ホントにそう思ってます?』みたいな、
私っていい人なんですよ発言ばかりを、
当たり障りなく書く人もあるんだけど、
あれこそ意味わかんないorz
自分の体裁ばっかり気にするくらいなら、
いちいち感想なんて公に発表しなくとも…って話ね。
『素敵でしたぁheart02』とか『頑張ってくださぁいheart02』とか、
そういうのがお好みな方は、そういうのを探して読んでくださいまし。
でもね。
そういう人に限って、実は腹黒かったりするんだよ(笑)。

人って案外、自分ではうまく言葉に出来ないモヤモヤな感情に、
同じ意見を持ってくれる人を求めて彷徨う生き物だと思うしね。
あたくし、性格は悪いですけど、かなり正直ですから。
読んだまんま、言葉通りに受け止めて、
『あ。そ全くもってひどいヤツだ怒
って、軽く流し読みして貰えれば幸いです。
『誤解ですぅ?!そんなつもりじゃ?。』
なんて、言い訳もしませんから(笑)。

今年もよろしくお願いいたしまする。

23:14 | ARASHI | comments (0) | edit | page top↑