FC2ブログ

呟きついでに。

前回、息子のオケ活動について騒ぎましたが。

あたくしも高校時代にオケに入部しておりまして。
(恥ずかしながら、私はアイスばっかり食べてましたが)
当時、私の高校はコンクールで日本一!を獲ったんです!
合唱部も日本一!
今考えると、すごい学校でした…(泣)

アイスばっかり食べていた私がいたって日本一(笑)
といいますかね。みんな、楽しく練習していただけなんです。
コンクールなんていうのは、まぁ、おまけ的な感じで。
演奏会のアンコール曲を、コンクールに出したら日本一。
だから、コンクールのための練習じゃなかったんですよ。
先生に言われたとおりに演奏しただけですから。
練習で怒られたり、コンクールの話をされたりは一切無し!
「こういう風にやってね」「はい」
だけでしたもんね。
先生が、いつの間にか上手く仕上げていてくれた。
田舎の女子高生達は、それがどんなに価値あるものかも、
イマイチ分かってなかった感じでしたよ(笑)
今年もご褒美もらえたね!くらいでね。

合唱とオケ。1人の先生が両方で日本一って…
今じゃ考えられない、スゴイ事です。
先生は若くして亡くなられて、もう逢えないのですが…。
30歳代半ばで、この偉業を成し遂げた方です。
私達はね、とても恵まれていたんです。
先生に、素晴らしい教育をされたんですよね。
でも、当時はそれに全然気付かなかったんです。
それが当たり前というか…。普段の生活でしたから。
そういう環境を、空気のように与えてくれる先生って、
今の時代にはお目にかかれないと思うんです。

今、我が子がオケに夢中になっている様子を見て、
私の先生がもういない事が、とても残念なんです。
あんな先生にめぐり逢えたら、人生も変わったはず。
もっともっと、豊かな音楽を楽しめたのにって。
だからね…。
素人ながらも、いろんな事にイラつくんです(笑)
たった3年間で、私の耳を、ちゃんと音楽が分かるように
無意識のうちに育ててくれた先生がいるにもかかわらず、
さも音楽家ぶって、訳わからんウンチクを語るヤツもおり…。
コンクールの成績に、一喜一憂し。
子供達を叱り飛ばし(怒)
誰の、何の為にやってるんだかわからないような、
面白くもないコンクール仕様の演奏を聴くと、
もうやりきれないんですよね…。
楽器本来の音色が出ていないとか、
緊張感がピリピリ伝わってきて切ないとか。
音楽として、成り立っていないとかも(笑)

我が子は今、そういう面ではかなり恵まれているんですが。
(とにかく楽しく、自分で納得出来る様に弾いてます)
全体としての底上げを!
あたくしは、願っております。
こんなにも音楽は、人生を豊かにするのだから!



スポンサーサイト



03:28 | MUSIC | edit | page top↑

母の呟き。

今日は仕事を早退して(御用始めだというのに…)、
長男の高校&私の母校!の高校のオーケストラの、
ジョイントコンサートなるものを観て参りました。
いやぁ?参った。チビが飽きちゃって(泣)

出来映えは…言えない(笑)鬼って呼ばれるからさ。
テクニックがね、やっぱり可哀想なものがあって。
でもこの子達、よくやりますよ!
どちらの高校も、地元ではトップクラスの進学校で、
(注:うちの息子は部活に通っているだけの人です)
部活の扱いなんて二の次な訳ですよ。
某・吹奏楽コンクールのように、体育会系の練習もせず、
地味に自主練しているような学校ですからね。
それでもオケとして成り立つなんて…スゴイ!
しかも、顧問は音楽の先生じゃないんですよ?
オケって難しいんですよ。全体で合わせるのが。
さすがに子供達、要領がいいんでしょうね。
よく頑張った!お母ちゃんはそう思いました!

うちの息子は部活の他に、もう1つのオケにも入っており。
こちらは地域の子供達が、一応オーディションを受けて、
選抜らしきものを通過して入ってきます。
だから、個人的に先生に習っている子がかなりいて、
ヴァイオリンは、うちの先生の門下生だらけです(笑)
(うちのチビちゃんも、オーディションに向けて習ってます。)
ですから、ジュニアとはいえ、すごいハイレベルなんです。
大学や一般のオケに、全然負けてませんから!
地域の小4?高3の子が、学校の部活などとは別に、
自発的に入団して、放課後や休日に練習にきます。
特殊な団体ですね。

息子は、団員のお友達と弦楽アンサンブルを組んでいて、
オケの他に、時々あちこちのステージに出没するんですが、
(出演依頼があったり、自由参加のに出てみたり)
昨年の夏に、自由参加のミニコンサートがあったんですが、
親の私がいうのもなんなんですが…
べらぼうに上手かったです(笑)
会場の空気が一転して、静まりかえりましたもん。
ありゃ?一般高校生のレベルじゃないですよ。
あのね。正直、お金取れます(笑)。稼げます。
別に、ガツガツ練習している訳でもないんですがね。
お友達と講師の先生に恵まれているんです。
(同じ先生に習っている門下生仲間ではあるんですけど。)
高校生の有志で組んだ、他のグループさんなどは、
「ちょっと…。ステージに出るからには、一応形にしないと!」
みたいな、本人が楽しけりゃいいのか?的なグループもあり。
聴いてるこちらが動揺するような演奏って…。

なんかね?。環境って大事なんだな?と思いましたよ。
よき指導者。向かう方向を決める仲間。
同じく音楽に情熱を傾けるのなら、恵まれた方が幸せ。
息子は今、最高に恵まれていますが。
でも時々ね、そうではなさそうな子供達に遭遇すると、
なんだか、その不公平さに悲しくなるんですよね。
同じ気持ちで、音楽が大好きでやっているのに、
この格差はないだろうと。
オバさん。やりきれないんですよ(泣)
努力の甲斐があるように、大人が引っ張らないと!
大人の知恵や知識って、次の世代を育てるために
あるんでしょうから…。
ここはひとつね。大人が頑張らないといけないんです。
だからさ。
指導者の皆様方!頑張ってくださいよ(泣)
子供達の努力を、形にしてあげてください!



02:28 | MUSIC | edit | page top↑