スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

悲しい時。

センター試験が終わったばかりの、昨日の夜遅く。

長男のお友達が、突然我が家にやってきて。
連絡も無く、学生服のまま、本当に突然やってきて。

子供達は、外でしばらく話をしていて、
息子は茫然とした顔で戻ってきました。
手にあったのは、白い花束。
高校の先生が、今朝亡くなったと。

明日の朝、一緒に学校に行こう。
それまで花束を預かって欲しいと、
お友達は塾の帰りに花屋を何件も回り、
寒い中、自転車で、
学校に近い我が家を訪ねて来たそうです。

彼は塾で、偶然その訃報を聞いたらしく。
(学校では子供達に伝えなかったそうです)

突然の訃報に、
メールさえ思いつかなかったくらい、
いっぱいいっぱいだったんでしょうに。
どうしていいのかわかんなくて、
誰にも相談しないで、
とにかく先生に花を買わなきゃ!
明日の朝、学校に持って行かなきゃ!
って…。
夜の10時過ぎですよ?
こんな田舎で、どこの花屋さんが開いていたのか?
ひどく寒い夜道を、ひたすら我が家を目指して、
彼はどんな想いで、自転車を漕いで来たのか?
おばさん。胸が張り裂けそうでした。

先に連絡くれればよかったのに。
メールのひとつも貰えたのなら、
こんな頼りないおばさんだって、
あんた達の力になってやれたのに。

つい先日までお世話になっていた先生に、
もう二度と会えなくなってしまった息子は、
まるで人が変わったように勉強し始め。
何かを、ものすごく後悔し、
もう恩返しの出来ない自分を責めているようで。
先生。
やっと息子が本気で勉強を始めても、
母は、ただただ悲しいです。
どんなにバカでもよかったんです。
せめて受験が終わるまで、
先生には息子のそばにいて欲しかったんです。
親子揃って、バカと言われてしまうでしょうが。
こんなに悲しい応援って、あんまりですよ。先生。

本当にお世話になりました。
決して成績は良くなかったけど、
先生のお陰で、物理が大好きな子になり。
一生忘れられない思い出(事件ですが…)が沢山あり。
御礼も言えぬまま、さよならしてしまう親子を、
どうか許してください。

先生。
これからも息子を見守っていてくださいね。
本当に、本当に。
ありがとうございました。


スポンサーサイト
01:51 | 息子ネタ | comments (0) | edit | page top↑

うちの息子。

夏休みも中盤戦。
チビ(小学4年生)の宿題の、算数ドリルを覗いてみると。
な・なんと。
すっかり終わっている…キラ
しかも。
兄ちゃん(高校3年生)の字で怒
「おいコラ!なんて事してくれるんだよ?!」
チビはきゃっきゃと大笑い。←気分はいまだに幼稚園児。
「いや…あの…つい。
全部解るから、面白かったもんで(笑)」

…最悪だorz
ドリルにがっつり、明らかに高校生の字で書き込み終了。
しかも、XとかYとかまで書いてあんの(笑)。
いかんいかん。
気を取り直して、漢字ドリルも覗いてみると。
こちらもあっさり、コンプリート
チビ。更に笑うわ笑う!
かくして。ドリルは使い物にならなくなっちゃいましたとさ。
オ?マイ・ガッ!こんなバカ兄弟、見たことないよ

さて。今日は、そんなうちの長男の話です。

先日、長男は部活最後の演奏会を終えまして。
高校のオーケストラにいたんですがね。(80人位か?)
コンサートマスターさせて貰ってました。
相当な苦労があったようでね。
あたくしもそのあたりは、薄々わかっていたんです。
ほとんど愚痴は言わない息子なんですが、時々、
「お母さ?んぱんだ 泣く。どうしたらいいと思う?」
って…最後の年だけは、珍しく相談されたりもし?。
気の利いたことは言えないけど、←むしろ、悪魔のささやき。
自分の意見と一緒だと安心したようで。(母ちゃんも同じ部活だったのね)

そんなこんなで、いよいよ本番前日の夜。

茶の間で急に、明日演奏する曲を聴き始めて。
スコア見ながら、まだ書き込みしてるの。
「明日のために、もう寝なよ。」
って言ったら、突然、
「お母さん。一生のお願い。
 靴磨いて。
 これ以上無理って位、ピカピカにしといて。

って言われ…。
母ちゃん、今回だけはやってあげようと思いましたよ(涙)。
最後の舞台だもん。せめてピカピカの靴で立たせてやりたいもん。
母ちゃんには、それ位しかやってあげられないんだもん。

なんかねぇ?。
ヴァイオリン始めた頃からの、いろんな出来事を思い出しながら、
せっせと靴磨きしてあげましたよ。

深夜1時を過ぎても、息子はずっと同じ曲を聴きながら動く気配もなく。
「…もう、寝なよ。」
って言ったら、小さい声で、
「うん。」
と言ったきり。背中を向けたままでした。
寝られるわけないんだよね。分かっているんだけど。

翌日の演奏会は、沢山のお客様に割れんばかりの拍手を頂戴し。
母ちゃんも、演奏の途中で何度も涙し。
無事にお役目果たすことが出来ました
素晴らしい演奏でしたよ。
本当に、どこに出しても恥ずかしくないオーケストラでした。
息子の学校、実は名の知れた進学校で。(息子は事故で入学:笑
部活は6時までとか、やれ毎週模試だとかなんだとかって、
練習時間さえままならない高校なんですな
しかも、顧問は名前だけで、指導が出来ない先生で。
八方塞りの中、苦肉の策で息子が全体練習で指揮を振り、
やっと仕上げた演奏会でした。
(本番の指揮は、専門家のOBさんがしてくれました。)
みんな!本当によく演奏したよ!
チャイコフスキーの『悲愴』だよ?あんなに難しい曲なのに。
しかも母ちゃんも、高校3年の時の最後の曲なのよ。
どれだけ必死に練習したか?と思うと、オバちゃん本気で泣けるよ。
名演といっても余りあるほどの仕上がりでした。

拍手の間に、泣き出すお友達もいたんですが。
それでも最後まで、息子は泣かなかったんですけどね?。
全てが終わってから、泣いているお友達の顔を見た途端、
突然、うわ?っと泣き出しました。

人前で泣く息子は、初めて見ましたね。

あたくしねぇ?。
息子には、もう一生分の親孝行してもらったなって思ってます。
今までにも、晴れの舞台が何度かあって、
その都度、周りの方に随分とお褒めの言葉を頂いたりしてました。
母ちゃん、こんな性格だし、照れもありましてね。
「いやいや。まだまだですからっ怒」って、
まだ先があるから、ここで認める訳にはいかないぞって、
自分にも息子にも緊張感を持たせていたんですね。
最後までお勤め果たしてこそ、男の仕事だろう!って、
なんか、息子に負けてしまいそうな自分が悔しかったんですよ(笑)。
子供に追い越される。こんな恐怖感ったらないですからorz
な・なんて気持ちの小さい母ちゃんだ(笑)。
とっくに追い越されているのを分かっていながら、
どんどんハードルを上げていただけなんです。

でも、これでもう悔いは無いと思いました。
立派にやってくれた。母ちゃんは幸せ者だって、今なら言えますよ。
チビのドリルをやっつけられても(笑)。

そうそう。
演奏が終わり、会場が明るくなってすぐに、
息子に駆け寄るおじ様が1人、いらしたんですよ。
なにやら親しげに、息子の腕をポンポンと叩き、
にこやかに話しかけて立ち去っていったおじ様。
学校の先生か?関係者の人?
とにかく知り合いなんだろうなぁ?って思って息子に聞いたら。
「うんにゃ。知らないオジさん。なんか、褒められたheart02。」
って…はい???どなた様でしたでしょうか(笑)?

演奏会翌日の夜になって。
息子に頼まれて、車で一緒に部室の荷物を取りにいったんです。
高校の校門を見たら、急に胸にくるものがありましてね。
あたくし、ここの卒業生ではないけれど、←当時は男子校だったのだ。
兄の母校でもあり、あたくしも部活の練習なんかで何度も出入りした学校でね。
あたくしにとっても、高校時代の思い出の多い学校なんです。
当時の彼氏は、まさに息子の部活の先輩にあたるし(笑)←内緒だよ。
「これで部活も終わりだねぇ…。
卒業式の日には、一緒に校門の前で写真撮ろうね
…ここが、あんたの最終学歴になるかもしれないからねっ怒
「はっはっは!あり得るな!」
って…。冗談言ってる場合じゃ?なかろうに?
先日の三者面談で、担任の先生に、
「行ける大学はありませんっ怒!」
って、ものすごい勢いで断言された、可哀想な親子でしたぱんだ 泣く
…やっぱ、親孝行撤回か?

03:54 | 息子ネタ | comments (0) | edit | page top↑

帰国。

長男が、ウィーンから帰ってきたぞ?い
しばらく留守だったから、長男不在の生活にすっかり慣れてしまい、
「あ。そういえば、アイツもいたっけな。
くらいの存在になりかけておりましたが(笑)。
帰って来たら…結構、面白いんだわ、これが

新幹線の改札口まで迎えに行ってあげたら、
見慣れぬシマシマのタイ?などを首に巻いており。←お洒落のつもり。
「…あんた、首に何、巻いてんのorz?」
って聞いたら、
ヘビですがheart02
だってさ。
思った通りの、ナイス・リアクション
これが、久々に再会した親子の第一声ざんす?。

夕方に、どんぶりでお茶漬けを食べていた息子。
晩ご飯でも、白ご飯をアホのように食べまくり。←もちろんどんぶり飯
「…あんた、さっきもメシ食ってなかった怒???」
って、呆れ果てて聞いてみたら、
米が食いたいんだよ!ジャポニカ米が、無性に食いたいんだ!
っと、更なる白ご飯を要求され
「ジャポニカって…学習帳かよ?
って、一応ツッコミをいれつつも、
父ちゃんと母ちゃんは、
自分の茶碗から、あわてて白ご飯を寄付するという、
この平成の時代に、なんという悲しい一家(涙)。

食事の後は、ソッコーこたつにひっくり返り、←んで、携帯ピコピコ。
兄ちゃんが帰って来て、嬉しくて仕方ないチビ(弟)に、
訳もなく馬乗りになられながらも、
うふふふ。乗?ら?な?い?で?よ?!
って、結構楽しそうに笑っておりました。

ま。無事に帰ってきたので、よしとしましょう。
若干、また太ったような気もするが汗
ちなみにお土産は。
モーツァルトチョコレートのみです…。
どこでも買えるがな怒



01:39 | 息子ネタ | comments (0) | edit | page top↑

スカポンタ?ン。

受験シーズンですねぇ…
あたくしの周りにも、受験生の母が沢山おり。
皆さま、大変な毎日を過ごしていらっしゃいます(涙)。
大変なのよ。特に高校受験はさ。
2年前の我が身を思い出し、お気持ちお察しいたしますことよぱんだ 泣く

しっかし。
あれから2年。(きみまろか?)
あんなに心配かけやがった息子は

オバちゃんよろしく、茶の間でこってりと髪を染め、
翌日にはタワシのように見事な茶髪になり、
ご機嫌でウキウキと出かけて行ったな(笑)。
家にいる時は、
ジャージの裾からはすね毛、
あ?んど、腹からはヘソ毛をぼ?ぼ?と出し。

携帯片手に『んがぁ?とコタツにひっくり返る、
17歳の70キロオーバー。←柔道部仕様ですがな。
寝坊をしては、学校に遅刻をし?の、(うち、学校から5分なんだけど)
あたくしの職場に、担任の先生から電話が来る始末orz
てめ?コラ怒!皆様(親も含む)に迷惑かけんなよ!
もう恥ずかしくて、学校には何があっても顔を出せない、
しかし先生方からみれば、、おそらく、
「顔が見てみたい親」に成り下がったあたくし汗

あの。一応ですね…こんな息子でも、ヤンチキじゃないんです。
県内では1番の進学校キラに通っているんです(笑)。これで。
母ちゃんの遺伝子が良かったんだな
ははは…言うだけ言わせて。←タダだから。

辛くも、下から数番目(推定)で合格した息子に、
「あんたさぁ?。将来の夢ってなんなのさ?」
って聞いたら…。
「え?独身貴族ですが」←いたって大真面目。
…貴族だと?
スネ毛&ヘソ毛ぼ?ぼ?のくせに?(笑)。
そういう問題じゃな?い怒
お前というヤツは…ご飯を飲み物だと思っているだろう?(は?)
あれは主食だ!ドリンクじゃないんだっつ?の!←だから何?

そんな息子は。今月の末から、ウィーン旅行に出かける予定。
(オーケストラの演奏旅行ですがな。)
40万円も払っておきながら、
「ッタリ?わ。テンション上がんねぇ?。
こりゃ、買い物と観光がメインだな。」

っとホザきやがる怒
ど・ど?ゆ?神経してるんですかっ?この人は?
お母さんはね…(涙)。
某・LVで、あたくしの分のお買い物をして来させるために、
いくらユーロに両替してあんたに持たせるか?

今、すっごく悩んでいるところなのよっ!
10万円分で足りるかなheart02?いや、今はユーロが下がってるから、
このチャンスに思い切ってハジけてみるべき

…。スカポンタン親子ですが。
なにか?(笑)

01:31 | 息子ネタ | comments (0) | edit | page top↑

オーラの泉。

流星レポもしたいのだが。

先ほど、スーパーに買い物に行ったら、長男の友達のお母様に遭遇。
すると突然、
「お宅の息子さんって、ズルいよねぇ?。」とな。
えっ???…またアイツ、何か悪い事をしでかしたかorz???
いろんな容疑が、あたくしの頭の中をかけめぐっていると…(疑惑多数)、
「もう!学校で人気があり過ぎてheart02
なに?あの最強キャラ!スゴいことになってるよ!」
………。はい??なんですと???
「…うちじゃ?全然人気無いですけど(涙)。」←蚊の鳴くような声であたくし。

少し前には。
息子の入っているオーケストラの演奏会で、保護者のお母様と話していた時。
「うちの息子、あんなんだけど…仲良くしてやってくださいね。
家にも是非遊びに来てくださいね。」
って、ま、普通にご挨拶してみたんですよ、あたくし。
そしたら、あるお母様が急に、
「きゃあ?!光栄です!
うちの子、先輩(うちの長男)に憧れているんですけど、(ど・どんな間違い?)
なんかこう…近寄りがたいらしくて。
先輩、すごいオーラキラがあって、緊張するらしいんです!」
そして他のお母様達まで「うちもよろしく!」っと続々…。
………。
確かに。あたくしも近づきたくない。加齢臭の漂う息子には(涙)。
あたくしには完全に愛想と尽かされ、日々、
「ばっかじゃないのぉ?怒!最低人間!」
っと罵られている長男。
こんな息子が、すごい人気者で、オーラがあるんだとよ
は?っはっはっは!地球もそろそろ危ないな(笑)。
ですからね…。こういう人気とかオーラっていうのは、
観る側の主観の問題で、実際のモノとは必ずしも一致しないんだよ。
信じる気持ちが大事。
う?ん。学習しましたね。

そんな長男は、福山様を崇拝heart02する高校2年生。
TVに映る福山様をうっとりと眺める長男に向かって、言ってやりましたよ。
「あんた…オカしいんじゃないの?
福山君ね…お母さんより1コ年上なんだけど!
お母さんより年上のオッサン(ごめんなさい福山様)にうっとりするなんて…。
やっぱ、そっちか?お前、もしかしてそっちか???(笑)」
…息子、絶句。言葉を失ってましたね。
ふっ…。母ちゃんに敵うなんて思うなよ!1億万年早いんだよ怒

あれ?そういえば、あたくしが息子を産んだんだっけ???
知?ら?ないっと!そんな昔のこと、もう忘れましたわよぱんだ 泣く

17:00 | 息子ネタ | comments (0) | edit | page top↑